※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

「自衛隊」無人化計画

目次

  • 序章 「ハイテク軍備に税金投入」で蘇る日本 
    • 不況にあえぐ日本経済
    • 老年期に突入した日本に残された道とは
    • 安全保障への税金投入は民主主義国家として正しい道
    • ハイテク軍備を水源にベンチャー企業が育つ
    • 公共土木工事は枯れた技術
    • 「ハイテク軍備一点かけながし」で一〇〇〇万台のロボットを
  • 第一章 米経済の強さの源はハイテク軍事投資
    • 一九二九年の世界恐慌を脱した米経済の原動力とは
    • 一〇万人の技術者がかかわった「マンハッタン計画」
    • 冷戦時代の戦略核開発技術が米の競争力を強化
    • ケネディの「アポロ計画」
    • ハイテク兵器開発の方向性を決めたニクソン
    • ソ連を解体させたレーガン
    • 米国における経済政策フロンティアの消滅
    • ラムズフェルド国防長官が示した戦いの省人化の可能性
    • イラク作戦の失敗
    • 「ミサイル・ディフェンス」と米国の国益のジレンマ
  • 第二章 今後の日本がとるべき道とは
    • 「国防」の先端研究に政府資金を投入せよ
    • 完了の「統制経済」を呼び込んだ「支那事変」
    • 「志願した属国」として経済活動のみに励んだ戦後
    • ハイテク軍事投資をしない政府
    • 自衛力強化で直接・間接侵略を防止せよ
    • 国防の義務を負わぬ移民に特権を渡せば「法の下の平等」が崩れる
    • 高度工業技術育成に「税金をかけ流す」米政府
    • 「無人機」「自走ロボット」分野での米の独走を許すな
  • 第三章 世界の兵器は無人化、ロボット化へ
    • ギリシア神話に登場するロボット
    • 最初の無人ロボット兵器はオーストリー海軍の魚雷
    • 着々と進化する世界のロボット兵器
    • 自衛隊はロボットを自慢できない
    • 月を舞台にした米ソのイデオロギー戦争
    • 月面に代わる「人工高地」宇宙ステーション
    • 宇宙も深海も作業はロボットに任せろ
    • ベトナム戦争で認識された人命尊重の方向性
    • ベンチャー企業が開発した「プレデター」
    • 無人機は米軍が独走態勢
    • 米軍の水準に追いつく気がない防衛省
  • 第四章 日本の防衛力を強化するロボットたち 
    • 自衛隊員の数倍の軍用ロボットを調達せよ
    • 核災害に活躍する運転代行ロボット
    • 日本はロボット兵器開発に早急に取り組め
    • 「着席手足ロボット」がドライバーの仕事を代行
    • 生き埋めも爆発もへっちゃらな「採鉱ロボット」
    • 作業ロボットなら道など不要
  • 第五章 マイクロ・ヴィークルで産業も人々も豊かな社会を 
    • 綿の需要が拡大した十八世紀
    • 自動綿摘み機で解放された南部黒人
    • 子供にも高齢者にもやさしい交通システムをつくれ
    • 高速乗用車がデメリットになる高齢化社会
    • マイクロ・ヴィークルなら多数の中小企業が製造可能
    • 速度違反できないシステムを車にビルトイン
    • 高速交通の地下化と、地上「リニア・シティ」化
  • 第六章 各種ロボットで高齢化社会でも安心した生活 
    • 「執刀ロボット」の外科手術に成功した米軍
    • 医療費削減につながる医療ロボット
    • 介護現場で待ち望まれる介護ロボット
    • 低所得世帯に「介護力役による社会保険料納付」制度を
    • 高齢社会問題はロボットで解決できる!
    • 「独居老衰」という社会的恐怖からの解放
    • 新時代の賃貸集合住宅に関する試練
  • 終章 日本の明るい未来のために 
    • 間接侵略防止にはエネルギー独立が不可欠
    • 原発は筏に浮かべて沿岸に繋留
    • 日本の少子化の原因は慈悲に発する親心
    • 自由を愛する日本人が望んでいること
    • 高校が全廃し、多彩な人材の育成を
  • あとがき

関連ページ