※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

目次

  • 序章 日本近現代史を考える
    • 戦争から見る近代、その面白さ
      • 9・11テロの意味
      • 歴史は暗記?
    • 人民の、人民による、人民のための
      • 南北戦争の途中で
      • なにが日本国憲法をつくったのか
    • 戦争と社会契約
      • 国民の力を総動員するために
      • 戦争相手の憲法を変える
      • 日本の憲法原理とはなんだろう
    • 「なぜ二十年しか平和は続かなかったのか」
      • 変人カー先生
      • 大戦直前に書かれた本
      • まちがっていたのは連盟のほうだ!
      • 特殊のなかに一般を見る
      • 過去の歴史が現在に影響を与えた例とは
    • 歴史の誤用
      • なぜベスト・アンド・ブライテストが誤ったのか
      • 無条件降伏方式が選ばれた理由
      • 戦争を止められなくなった理由
  • 1章 日清戦争 ―「侵略・被侵略」では見えてこないもの
    • 列強にとってなにが最も大切だったのか
      • 日本と中国が競い合う物語
      • 貿易を支える制度とは?
      • 華夷秩序という安全保障
    • 日清戦争まで
      • 中国の変化
      • 山県有朋の警戒
      • 福沢先生の登場
      • シュタイン先生の登場
    • 民権論者は世界をどう見ていたのか
      • まずは国の独立が大事
      • それでは国会の意味とはなにか
      • 「無気無力の奴隷根性!」
      • 藩閥政治と対抗するために
      • 戦費をつくったのは我々だ
    • 日清戦争はなぜ起きたのか
      • 強い外務大臣
      • 中国側の反論
      • 日清戦争の国際環境
      • 普選運動が起こる理由
  • 2章 日露戦争 ―朝鮮か満州か、それが問題
    • 日清戦後
      • 戦争の「効用」
      • なにが新しい戦争だったのか
      • 「二十億の蓄財と二十万の生霊」
      • シュタインの預言が現実に
    • 日英同盟と清の変化
      • ロシアの対満州政策と中国の変化
      • 開戦への慎重論
      • ロシア史料からなにがわかったか
    • 戦わなければならなかった理由
      • 日露交渉の争点
      • 韓国問題では戦えない
    • 日露戦争がもたらしたもの
      • 日本とアメリカの共同歩調
      • 戦場における中国の協力
      • 戦争はなにを変えたのか
  • 3章 第一次世界大戦 ―日本が抱いた主観的な挫折
    • 植民地を持てた時代、持てなくなった時代
      • 世界が総力戦に直面して
      • 日本が一貫して追及したもの
      • 日米のウォー・スケア
      • 西太平洋の島々
      • 山東半島の戦略的な意味
    • なぜ国家改造論が生じるのか
      • 変わらなければ国が滅びる
      • 将来の戦争
      • 危機感の三つの要因
    • 開戦にいたる過程での英米とのやりとり
      • 加藤高明とエドワード・グレイ
      • イギリスが怖れたこと
      • アメリカの覚書
    • パリ講和会議で批判された日本
      • 松岡洋右の手紙
      • 近衛文麿の憤慨
      • 三・一独立運動
    • 参加者の横顔と日本が負った傷
      • 空前の外交戦
      • 若き日のケインズ
      • 霊媒師・ロイド=ジョージ
      • 批判の口実に利用される
  • 4章 満州事変と日中戦争 ―日本切腹、中国介錯論
    • 当時の人々の意識
      • 謀略で始まった作戦と偶発的な事件と
      • 満州事変と東大生の感覚
      • 戦争ではなく「革命」
    • 満州事変はなぜ起こされたのか
      • 満蒙は我が国の生命線
      • 条約のグレーゾーン
      • 陸軍と外務省と商社
      • 国家関連が大部分
    • 事件を計画した主体
      • 石原莞爾の最終戦論
      • ずれている意図
      • 独断専行と閣議の追認
      • 蒋介石の選択
      • リットン調査団と報告書の内容
      • 吉野作造の嘆き
    • 連盟脱退まで
      • 帝国議会での強硬論の裏側
      • 松岡洋右全権の嘆き
      • すべての連盟国の敵!!
    • 戦争の時代へ
      • 陸軍のスローガンに魅せられた国民
      • ドイツ敗北の理由から
      • 暗澹たる覚悟
      • 汪兆銘の選択
  • 5章 太平洋戦争 ―戦死者の死に場所を教えられなかった国
    • 太平洋戦争へのいろいろな見方
      • 「歴史は作られた」
      • 天皇の疑念
      • 数値のマジック
    • 戦争拡大の理由
      • 激しかった上海戦
      • 南進の主観的理由
      • 中国の要求
      • チャーチルのぼやき
      • 七月二日の御前会議決定の舞台裏
    • なぜ、緒戦の戦勝に賭けようとしたのか
      • 特別会計
      • 奇襲による先制攻撃
      • 真珠湾はなぜ無防備なままだったのか
      • 速戦即決以外に道はあったのか
      • 日本は戦争をやる資格のない国
    • 戦争の諸相
      • 必死の戦い
      • それでも日本人は必勝を信じていたのか
      • 戦死者の死に場所を教えられない国
      • 満州の記憶
      • 捕虜の扱い
      • あの戦争をどう見るか
  • おわりに
  • 参考文献
  • 謝辞

関連リンク

水野広徳 関連






関連特集