※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イーライ・パリサー
『閉じこもるインターネット
グーグル・パーソナライズ・民主主義』

  • 著者
    • イーライ・パリサー(Eli pariser)
  • 原題
    • The Filter Bubble
      :What the Internet is Hiding from You

他人の視点から物事を見られなければ民主主義は成立しないというのに、我々は泡(バブル)に囲まれ、自分の周囲しか見えなくなりつつある。事実が共有されなければ民主主義は成立しないというのに、異なる並行世界が一人ひとりに提示されるようになりつつある。

  • イーライ・パリサー『閉じこもるインターネット』、p14

目次

目次

  • はじめに
  • 第一章 関連性を追及する競争
    • ジョン・アーヴィング問題
    • クリック信号
    • どこでもフェイスブックデータ市場
  • 第二章 ユーザーがコンテンツ
    • 世間一般という聴衆の興亡
    • 新たな「中」
    • ビッグボード
    • アップルとアフガニスタン
  • 第三章 アデラル社会
    • 絶妙なバランス
    • アデラル社会
    • 発見の時代
    • カリフォルニア島にて
  • 第四章 自分ループ
    • 「あなた」を表現するおそまつな方法
    • 弱点を狙う
    • 深くてせまい道
    • 事件や冒険
  • 第五章 大衆は関連性がない
    • クラウドの領主たち
    • 友好的世界症候群
    • 目に見えない選挙活動
    • 細分化
    • 対話と民主主義
  • 第六章 Hello,World!
    • 知者の帝国
    • 新種の建築家
    • ご都合主義
    • 500億ドルの砂の城
    • 「どういうゲームをしているのか?」
  • 第七章 望まれるモノを━━望むと望まざるとにかかわらず
    • ゲイダーを持つロボット
    • すでに未来はここにある
    • 理論の終焉
    • 仮想世界でもタダのランチはありえない
    • 変わる世界
    • 失われつつあるコントロール
  • 第八章 孤立集団の街からの逃亡
    • モザイク
    • 個人にできること
    • 企業にできること
    • 政府と市民にできること
  • 訳者あとがき
  • 参考文献
  • 原注


関連ページ



関連リンク




"Daily me"(デイリー・ミー。日刊紙「本日の私」)