※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

中野三敏
『写楽 江戸人としての実像』
(中公新書 1886)


目次

  • はじめに──写楽はいつから謎となったか
  • 第一章 江戸文化における「雅」と「俗」──写楽跡追い前段
    • 一、江戸に即して江戸を見る
      • 近世をどう理解するか
      • 近代主義の行き詰まり
    • 二、伝統文化と新興文化
      • 三つの図型
      • 「現代文化」としてのバランス
      • 雅俗融和の世界
    • 三、文化の身分制
      • 上位者と下位者
      • 寛政の改革
      • 役者絵師という身分
  • 第二章 すべては『浮世絵類考』に始まる
    • 一、諸本考証次第
    • 二、成立順序と写楽の記事
    • 三、月岑の『増補・浮世絵類考』三点セット
  • 第三章 斎藤月岑という人
    • 一、『江戸名所図会』から『武江年表』まで
    • 二、江戸の町名主
    • 三、三点セットのその後の運命
  • 第四章 『江戸方角分』の出現
    • 一、報告後、三十年間の経緯
    • 二、江戸の人名録の沿革
      • 『江戸方角分』の概略
      • 江戸と京坂
      • 『方角分』の特色
    • 三、『江戸方角分』考証
      • 諸本書誌
      • 『方角分』の来歴
      • [イ]本が[ロ]本に先行する理由
      • 故人印の照合
      • 祖本はいつ成立したか
      • 祖本の著者は誰か
      • 訂正増補の書き加え
  • 第五章 『江戸方角分』と写楽
    • 一、新知見の数々
    • 二、写楽はどのように記されているか
    • 三、「八丁堀絵図」と関根正直博士の証言
  • 第六章 大団円
    • 一、斎藤十郎兵衛と与右衛門
    • 二、なぜ実名が空欄とされたのか──身分というもの
    • 三、さらなる問いかけに
  • 補章 もう一人の写楽斎
  • おわりに


関連ページ



関連リンク