※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黒井文太郎
『日本の情報機関
──知られざる対外インテリジェンスの全貌


目次


目次

  • まえがき
    • 第1章 防衛省・自衛隊のインテリジェンス
    • 謎めいたインテリジェンス機関
    • 首相や大臣でさえ知らない極秘情報
    • 次々と発覚する機密情報の漏洩
    • 海外に派遣される防衛駐在官
    • 日本唯一のインテリジェンス教育機関
  • 第2章 北朝鮮弾道ミサイル発射実験で迷走した「情報」
    • 北朝鮮監視能力は充分なのか
    • テポドン発射で食い違う情報
    • 日本海着弾? 錯綜する情報
  • 第3章 内閣衛星情報センターと情報収集衛星の実力
    • 情報収集衛星の能力
    • 商業衛星以下の能力しかない!?
    • エース級の人材が投入される機関
    • 不鮮明で役に立たなかった衛星写真
    • 観測マニアに軌道を割り出される失態
  • 第4章 工作船事件の全「情報ルート」を検証する!
    • 99年、能登半島沖の不気味な予兆
    • ある重要なブツを日本に持ち込む
    • 第一報は米軍「偵察衛星」情報
    • 3日間の情報の空白
    • 通報まで8時間の遅れ
    • 海自と海保の軋轢も
  • 第5章 外務省「国際情報統括官組織」の能力とは
    • 生え抜きの情報マンがいない
    • 情報源のメインは「公開情報」
    • 下半身の不祥事
  • 第6章 知られざる「外事警察」の実像
    • 外国のスパイ、テロリストを摘発
    • 北朝鮮、次いで中国、アルカイダ
    • 情報の世界はギブ&テイクが基本
    • 外事警察官は1200〜1500人
    • 今では完全に国際テロ対策モード
    • 在外公館に147名を派遣
    • 極秘機関「ヤマ」の謎
    • ヤマの通信所は全国に13ヵ所?
    • マネーロンダリング対処機関
  • コラム① 外事警察事件簿
    • 的外れな捜査に終始
    • テロ・ネットワークの解明は不発
  • 第7章 激震の公安調査庁
    • 日本屈指の情報機関
    • イスラム過激派対策
    • 在外公館への派遣を強化
  • コラム② いまや日本は「スパイ組織」大国!? 外国情報機関へのアピールで"改名"ラッシュ
    • 国内の公安から対外情報へ
    • 「インテリジェンス」という用語をどう取り入れるか
    • 「インテリジェンス・オフィサー」が続々誕生!?
  • 第8章 合同情報会議と内閣情報調査室
    • ハニートラップで自殺
    • 「日本版CIA」は買いかぶり
    • 国際部門の編成
    • 内閣情報調査室の重大な存在意義
    • 内閣情報集約センター
    • 内閣情報調査室「外郭団体」の正体
  • コラム③ 日本人を狙うハニートラップ 「上海総領事館員自殺」と「対馬自衛官『内部資料』持ち出し」を結ぶ上海カラオケと中国公安機関の影
    • 所属が不鮮明な中国公安機関員
    • ハニートラップの仕掛け
    • なぜ1曹は部外秘資料を持ち出せたのか
    • 中国女の言いなりだった自衛官
  • 第9章 その他の情報機関
    • 海上保安庁情報調査室
    • 怪しい電波をキャッチする
    • 外国の核実験をモニターする機関
    • テロ資金、不正輸出の監視
  • 終章 日本のインテリジェンス能力
    • (1)北朝鮮による核・ミサイルの開発と実験の状況
    • (2)北朝鮮内部事情
    • (3)拉致事件+北朝鮮の対日工作への対処
    • (4)中国情報
    • (5)中国工作機関の対日工作への対処
    • (6)「日本赤軍」追跡
    • (7)アルカイダとイスラム過激派
    • (8)イラン工作機関の監視
    • (9)自衛隊海外派遣にともなう現地情報
    • (10)海外でのテロへの対処
    • (11)その他、一般的な外国のインテリジェンス情報
    • 諸外国の機関との連携
    • インテリジェンスが集まらない理由
    • アメリカに依存してきた小国日本
    • 「現地の法律は破るな」
  • あとがき


関連ページ



関連リンク