※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

佐藤卓己『八月十五日の神話 ~終戦記念日のメディア学~』ちくま新書 (544)


目次


目次

  • 序章 メディアが創った「終戦」の記憶
    • 1.「八一五字の八・一五詔書」
      • 四分三七秒と四分三三秒
      • 「皆様御起立を願います」
      • 「玉音写真」の最高傑作
      • 敗者に映像はない
      • 玉音拝聴をカメラはどうとらえたか?
    • 2.セピア色の記憶――『北海道新聞』の玉音写真
      • 沈潜する少国民の記憶
      • 「セピア色の記憶」の嘘
      • ポーズをとらされた少年たち
    • 3.八月十五日の九州飛行機工場
      • 九州飛行機と近海防衛の切り札「東海」
      • 元動員学徒たちの証言
      • 兜町の独眼流
      • 『西日本新聞』の祈念写真
      • メディア研究者の失敗
      • 戦意高揚のプロパガンダ写真?
    • 4.「玉音写真」がつむぎだす物語
      • 教科書の「終戦」写真
      • 断片的な写真が伝える全体的な物語
      • 戦後に向けたプロパガンダ写真
      • 『朝日新聞』八月一五日の「予定稿」?
      • 八月一四日に撮影された玉音写真?
  • 第1章 降伏記念日から終戦記念日へ―「断絶」を演出する新聞報道
    • 1.「終戦」とは何か
      • 八月一〇日の終戦?
      • 八・一四と八・一五のあいだ
      • 「返報の日」VJデイ
      • 終戦のグローバル・スタンダード
      • 「八・一五終戦」説への疑義
      • 八・一六を強調した江藤淳
    • 2.勝者と敗者の終戦記念日
      • 終戦記念日を九月三日とした旧ソ連
      • 「八・一五終戦」が急浮上した中国
      • フランスとイギリスの場合
      • 敗戦国の「終戦記念日」
      • イタリアの奇妙な終戦
      • 二つのドイツと二つの終戦記念日
      • ドイツ人の「八・一五終戦記念日」批判
    • 3.創られる記憶
      • 一九四五年当時の新聞報道
      • サンフランシスコ講和会議と「降伏記念日」の消滅
      • 「八・一五終戦」企画の始まり
      • 一九五五年という記憶の転換点
      • 「もはや戦後ではない」、だから終戦記念日を
    • 4.「玉音の記憶」に根差す戦没者追悼式
      • 「戦没者を追悼し平和を祈念する日」の誕生
      • 「悪評もないよりまし」
      • 「文書の敗戦」から「電波の終戦」へ
  • 第2章 玉音放送の古層―戦前と戦後をつなぐお盆ラジオ
    • 1.聖霊月と「八月ジャーナリズム」
      • 終戦か、敗戦か、八・一五革命か
      • 玉音神話とラジオ
    • 2.玉音放送のオーディエンス
      • 徳川夢声の八・一五日記
      • それぞれの八・一五日記
      • 「玉音体験」の大衆化
      • 「戦前の弔辞」か、「戦後の祝詞」か
      • 天皇と日和見
    • 3.お盆ラジオの持続低音―甲子園野球と「戦没英霊盂蘭盆会法要」
      • お盆の政治学
      • 甲子園は夏のニュース製造機
      • 「魂まつり」としての甲子園野球大会
      • 新民謡とラジオ体操──盆踊り番組揺籃期
      • 「東京音頭」の全国化──「盂蘭盆会法要」中継確立期
      • 「九段の母」のお念仏──「戦没英霊盂蘭盆会法要」期
    • 4.玉音神話と「全国戦没者追悼式」
      • 占領軍検閲と慰霊中継の自粛──「ラジオ・コード」期
      • 「戦後の終わり」の始まり──「八・一五」編成の完成
      • ポスト・ラジオ時代の国民儀礼──全国戦没者追悼式
      • 「ラジオ時代」、そして「ヤルタ=ポツダム体制」の終わり
  • 第3章 自明な記憶から曖昧な歴史へ―歴史教科書のメディア学
      • 戦争観を問うたNHKの世論調査
      • 戦争についての認識と心情のあいだ
    • 1.国定教科書の混乱と検定教科書の成立
      • 国定歴史教科書のイデオロギー対立
      • 国定教科書の「終戦」記述
      • 検定教科書での「終戦」記述を分析する
      • 検定における「終戦記述」の焦点
      • 「一五年戦争」から「アジア・太平洋戦争」へ
      • 小学校教科書における「五五年体制」
      • 「終戦記述」の変遷──小学校の場合
      • アジア近隣諸国の「国定」教科書
      • 「独立」なのか、「勝利」なのか──韓国の国定教科書
      • 「九・三」から「八・一五」へ──中国の場合
      • タイの国定教科書
    • 2.「終戦」記述の再編
      • 歴史における体験の優位──一九五五─一九六二年
    • 3.記憶と歴史の対峙―一九六三年‐一九八一年
      • 家永三郎『新日本史』と教科書裁判
      • 「八・一五玉音放送」を忌避した『新日本史』
    • 4.歴史家=政治化する記憶‐一九八二年以降
      • 終戦記念日制定から二ヶ月間の歴史教科書問題
      • 「新しい歴史教科書」の新しさとは
      • 歴史教科書論争のメディア論
      • 終戦記念日をめぐる保守派のジレンマ
      • 現行歴史教科書の問題点
      • 日本史と世界史のねじれ現象
      • 記憶の歴史化
    • 5.おわりにかえて―戦後世代の「終戦記念日」を!
      • 「八・一五革命」論の呪縛
      • 偽史を創作した丸山眞男
      • 「八・一五の心理」と「九・二の論理」
  • あとがき
  • 巻末表
  • 引用文献

関連ページ



関連記事





関連リンク




関連本



kanose
加野瀬
『創られた「日本の心」神話』買ってきて読み中。後付けで歴史が再解釈されているところに切り込むという点で『八月十五日の神話』的面白さがある本だ。いい本を勧めてくれてありがとうございます>@y_kurihara さん http://amzn.to/mDvAVi
(2011/05/06 21:31:42)
link