※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

第4話「カメラと包子(パオズ)と野良猫と」のメモ

 >
 ライバル店が精巧な食品サンプルを店頭に展示して大繁盛。対抗心を燃やす風蘭に、メニューに載せる食品写真の撮影を頼まれる葵と葛。強引な風蘭の押しにやむなく引き受ける二人。だが、葛と葵の息が合わずに撮影はなかなか上手く進まない。そんな時、他の顧客の依頼で撮影した写真のフィルムが無くなったことに気づき愕然とする葵。手分けしてその写真の行方を捜す葵と葛だが、二人の息はここでも合わず・・・。
 <

包子


上海の猫


食品模型(食品サンプル)

 大正から昭和にかけての時期に、日本各地で食品サンプルが作り始められ、産業として確立した背景には百貨店食堂の隆盛があったみたい。

カメラ


ボルシチ

 亡命ロシア人の多かった上海には、ロシア料理も伝わった。ボルシチは中国語では「紅菜湯」。さらに味も中国人好みし、赤ビーツの代わりにトマトを使った、上海風ボルシチ(羅宋湯)も生み出された。

青幇(チンパン)

 列強による治外法権な上海租界内は、中国であって中国ではなく、法の抜け道がいくらでもあった。このため、青幇と呼ばれるマフィアが、三つの巨大な資金源(烟(アヘン等麻薬)、賭、娼)を握り、跋扈していた。

リトルロシア

 上海租界には、共産主義革命により赤化されたロシアから亡命してきた、所謂「白系ロシア人」が多く居住していた。

お三時

 そう言えば、北村薫のベッキーさんシリーズで、やはり華族のお嬢様が、三時のおやつを「お三時」と宣っているのを読んだ記憶があるけど、どの個所か忘れてしまった…orz

ネコ鍋

+クリックすると動画プレイヤーを表示 http://www.nicovideo.jp/watch/sm772924

ファーストフラッシュ(初摘み/春摘み)のダージリンティー

amazon plugin Error : amazonから商品名データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、text=(文字列)パラメーターを利用することで、商品名データを取得せず表示することができます。

招財飯店

 「招財」と言えば、猫、ですな。






   /:i:i:i:i:i:i:i:ix≦三≧、.:i:i:i:i:|'´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ
  ./,//:i:i:/ー─一'⌒゙゙゙゙"゙゙゙゙゙゙"´ ̄ ̄`ヾ、:i:|.
メ:i:i:i:/乂/:.                 ゞ:i:i|                 ∧ //
 ノノ´ハ:i|:..                 j:i:i:i:|              彡ミ三彡巛ミ≧
'´|:i:i:i:| ヽ)                 ヾ:i:i:i:i|            ≦三ミ巛彡ミ三ミ彡≧
 |:i:i:i:|  ` 、,,,,,,,,, ,  ヽ、 _,=≡"゙´   ヾ:i:i:|           ≦彡≪"〃゙゙リヾミ巛ミ彡《
 V:i:i/   ,__`゛゙"ヾ  `'′ ──-、  ヾr-ヘ          メ彡巛 へ   ∨゙⌒ヾ≦
  〉-〈  ヽ´ (●)`ヽ, , =  :..ノ´(●) ,ノ   〉⌒|           ≦-/  〈・)`   /∨`
 .|ヘ.{   `ー─'´ " ノ   ゛゙ ̄ ̄´    ヽ∂|           〈∂    '´  〈(・)ゝ/
  | i 〉        〈             〉'.丿           .ヽ|      , .〉  /)
  .| 〈:..       , ∧ r、,         / /             ハ    ,__   ノ
  ヽ 〉:..       '            〃              .ハ  ./~-、゙〉 ./
   `ヽ:..    ,r=ニニニニ=、     ./             /ハ .ヽ .ヽ._ノ ∧
     |:..:..   i巛巛巛巛巛《ヘ    ./        ___/´ ノ .ヘ \ー- ,イ  | ̄ ̄`⌒ヽ.
     .ヽ:..:   |巛/⌒゙""⌒゙ヽ《〉   ./     /⌒i ̄     ∠  ヘ  . ̄/  ,ゝ     .i |
___r─ヽ:..:.  V〈      ノ./   イ ̄`ヽ、_/  ヽ.       `ー-、ゝ  //´       |
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\  ヽニ二二二ノ  ,〃|:i:i:i:i:i:i:i:i:i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   i∨_〃 | ー一ゥ   /