※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目次

小田中直樹『歴史学ってなんだ』(PHP新書)

  • 著者:小田中 直樹


目次

  • 序章 悩める歴史学
    • 「パパ、歴史は何の役に立つの」
    • シーン①ある高校の教室で
    • シーン②ある大学の教室で
    • シーン③ある大学の学長室で
    • 歴史学の意義とは何か
  • 第1章 史実を明らかにできるか
    • Ⅰ 歴史書と歴史小説
      • 歴史書と歴史小説のちがいとは
      • 史実かフィクションか
      • テーマや文体か
      • 叙述か分析か
      • ケーススタディ・五賢帝時代
      • 歴史学は根拠を問いつづける
    • Ⅱ 「大きな物語」は消滅したか
      • 解釈と認識
      • 歴史が終わると歴史学は困る
      • かつての「大きな物語」──マルクス主義歴史学
      • ぼくらは相対化の時代に生きている、らしい
      • 最近の「大きな物語」①民族の歴史ふたたび
      • 最近の「大きな物語」②大衆社会の出現
      • 「より正しい」解釈を求めつづけるということ
    • Ⅲ 「正しい」認識は可能なのか
      • さらに難問は続く
      • 資料批判は必須
      • 実証主義への宣戦布告
      • 「構造主義」のインパクトとは何か
      • 歴史家は困ってしまった
      • ほかの科学は大丈夫か
      • 認識論の歴史をちょっとふりかえる
      • 「コミュニケーショナルに正しい認識」という途
      • 歴史学の存在可能性
  • 第2章 歴史学は社会の役に立つか
    • Ⅰ 従軍慰安婦論争と歴史学
      • 従軍慰安婦論争を読みなおす
      • 従軍慰安婦の存在証明の試み
      • 戦争責任の問題はぼくらを動揺させた
      • 古くて新しい「新自由主義史観」
      • 国民の歴史は物語であり、フィクションだ
      • 従軍慰安婦論争の複雑さ
      • 歴史学は役に立つのか
    • Ⅱ 歴史学の社会的な有用性
      • 歴史学は社会の役に立たなければならないのか
      • 「日本人」というアイデンティティ
      • 「日本人」は一つの空間を共有してきたのか
      • アイデンティティを再確認する
      • アイデンティティを相対化する
      • 新しいアイデンティティを選びとる
      • 「役に立つ」ことの陥穽
      • 歴史家の仕事
  • 第3章 歴史家は何をしているか
    • Ⅰ 高校世界史の教科書を読みなおす
      • 教科書と歴史家の仕事
      • 十九世紀前半の欧米──「革命」をめぐる論争
      • 十九世紀後半の欧米──「帝国主義」と「国民統合」
      • 二十世紀前半の欧米──二つの世界大戦をどう見るか
      • 二十世紀後半の欧米──「東西対立」と経済開発
      • 教科書の行間を読む
    • Ⅱ 日本の歴史学の戦後史
      • 「比較経済学派」の問題設定
      • 「近代人の形成」という問題
      • 社会学の出現
    • Ⅲ 歴史家の営み
      • 歴史家の仕事場
      • テーマを設定する
      • 史料を料理する
      • 知識を文章化する
      • 歴史像には「深さ」のちがいがある
      • 歴史家のメッセージ
  • 終章 歴史学の枠組みを考える
    • 「物語と記憶」という枠組み
    • 「通常科学」とは何か
    • 「コモン・センス」とは何か──新しい「教養」
    • 「通常科学とコモン・センス」という枠組み
    • その先へ
  • あとがき
  • 引用文献リスト



読書感想記事