※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

押井守『勝つために戦え!〈監督篇〉』

  • 著者:押井守


目次

  • 第1回 常勝監督の悲劇(2008年4月収録)
    • 監督は勝てばいいってもんじゃない
    • 映画監督にとっての勝利とは?
    • 行きはよいよい、帰りは……
    • 勝ちすぎた監督、負けない監督
    • 監督の闘争はいつまで続く?
    • 映画監督の「勝ち方」、解説しましょう
  • 第2回 キャメロンの冒険(2008年5月収録)
    • 演出家か、プロデューサーか。それが問題だ!?
    • 映画監督たるもの、常に発明家であれ
    • 押井監督のレイアウトシステム
    • 海の底にいる神様
    • キャメロン補講(2010年1月収録)
      • 「力技じゃなくて演出力で」
      • 「高い勝利条件をさらに高く」
  • 第3回 押井守の発明品(2008年6月収録)
    • 映画の核新には二種類ある
    • 情報量をコントロールすること
    • 逆襲の宮﨑駿
    • 光学的レイアウトの秘密
    • 縦の画面と横の画面
    • 線一本で広がる世界
  • 第4回 三池崇史の気質(2008年7月収録)
    • ねちっこい監督・淡白な監督
    • 押井流「いい加減」仕事術
    • 職人的映画監督の自己評価
  • 第5回 手塚治虫の功罪(2008年8月収録)
    • 3コマ打ちの本当の意味
    • 多けりゃいいってもんじゃない
    • ドラマと映画的展開
    • 大衆料理としてのアニメ
    • 手塚作品との出会いと決別
    • アニメとマンガ・方法論の違い
  • 第6回 ヴェンダースの祝福リンチの呪縛(2008年9月収録)
    • 映画の自意識と批評
    • 映画に愛されるか、呪われるか
    • 真っ当なオヤジとして生きるということ
  • 第7回 チャンバラ映画の消滅(2008年10月収録)
    • 映画の絶滅危惧種
    • チャンバラ映画のレイアウト
    • チャンバラ進化論
    • チャンバラと殺陣と操刀術
    • 日本刀は曲がるもの
  • 第8回 深作欣二の動機(2008年11月収録)
    • SFはなぜ難しいのか?
    • 大ヒットシリーズの悲劇
    • 受け継がれるマインド
    • 期待される監督像
    • 「勝ったから、負けた」
  • 第9回 タルコフスキーの執念(2008年12月収録)
    • 私の映画に奉仕しろ
    • 映画は芸術か、社会的行為か
    • 芸人とパトロンの関係
  • 第10回 樋口真嗣の理論(2009年1月収録)
    • 戦う監督
    • 戦術の勝利は戦略の敗北を覆さない
    • 押井監督「愛の拷問」
  • 第11回 北野武の間合い(2009年2月収録)
    • すでに確立されていた「間合い」
    • 内トラ・キャスティングの妙
    • フィルモグラフィーとトレーニング
    • 代表作なんていらない
    • 「自分が戦うべき場所」
  • 第12回 ヒッチコックの方法(2009年3月)
    • 映画の教科書
    • 模倣の模倣は劣化コピー
    • 自己模倣と自分のスタイル
  • 第13回 実相寺昭雄の変容(2009年4月収録)
    • 枠の中にいてこその「壊す人」
    • イスの座り心地に学べ
    • 実相寺監督の「やりたかったもの」
    • 自分のイスに巡り合えなかった
    • 撮影所時代の終わった後で
  • 第14回 ウオッシャウスキーの趣味 デルトロの戦略(2009年6月収録)
    • ウオッシャウスキー兄弟の役割分担
    • リースものに当たりなし!?
    • ハリウッドのベタなアニメ的演出
    • ハリウッドのマイノリティ監督
    • 自分の真価を問う場面
  • 第15回 ゴダールの価値(2009年7月収録)
    • 娯楽も、アートも、ドキュメントも、全ては映画
    • 映画のテーマは「映画」しかない
    • あれも映画、これも映画、みんな映画
  • おまけ 〈対談〉押井守×鈴木敏夫(2010年1月20日収録)
    • 勤勉さは大切
    • 大事なのはパートナー
    • 映画を作りにくい時代

関連記事




関連リンク



書評記事