※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

島田 裕巳『葬式は、要らない (幻冬舎新書)』

  • 島田 裕巳 著

目次

  • はじめに
  • 第1章 葬式は贅沢である
    • どんなに寿命がのびたとしても
    • 古代から人間は葬式を営んできた
    • 葬式費用231万円は世界一
    • 葬式は法的な義務ではない
    • 葬式無用の主張
    • 散骨はいつから認められるようになったか
    • 葬式をしない例は少ない
    • 社葬は日本の文化
    • 何も残らないにも関わらず
  • 第2章 急速に変わりつつある葬式
    • 「直葬」登場の衝撃
    • 直葬とはどんな葬式か?
    • 昔「密葬」、今「家族葬」
    • 葬式のオールインワン方式、ワンデーセレモニー
    • 葬式だけでない簡略化の流れ
    • 家から個人の儀式へ
    • 墓の無縁化と永代供養墓
    • 創価学会の友人葬
    • 樹木葬・宇宙葬・手元供養
    • 宇宙葬すら100万円しかからない
  • 第3章 日本人の葬式はなぜ贅沢になったのか
    • 古墳壁画や埴輪から古代の葬式を想像する
    • 見出せない仏教の影響
    • もし仏教がなかったら
    • 日本仏教を席捲した密教
    • 葬式仏教の原点としての浄土教
    • 地上にあらわれた浄土
    • 易行としての念仏
    • 仏教を大衆化させる道を開いた親鸞
    • 禅宗からはじまる仏教式の葬式
    • 浄土を模した祭壇
  • 第4章 世間体が葬式を贅沢にする
    • 仏教式だからこそ
    • 細部へのこだわりが
    • 世間体が悪いという感覚
    • 村社会の成立と祖先崇拝
    • 柳田國男の祖霊信仰
    • 山村の新盆と「みしらず」
    • 村のなかでの格と戒名
    • 世間に対するアピール
  • 第5章 なぜ死後に戒名を授かるのか
    • 戒名の習慣と戒名料
    • 戒名料の相場
    • 戒名のランキング
    • 日本にしかない戒名
    • 戒名への納得できない思い
    • 葬式仏教が生んだ日本の戒名
    • 出家した僧侶のための戒名
    • 日本的な名前の文化
    • 戒名の定着と江戸期の寺請制度
  • 第6章 見栄と名誉
    • 高度経済成長における院号のインフレ化
    • バブル期に平均70万円を超えた戒名料
    • 仏教界の対応
    • 戒名はクリスチャン・ネームにあはず
    • 有名人の戒名に見る、それぞれの宗派の決まりごと
    • 死後の勲章としての戒名
    • 生前戒名が広まらない理由
    • 墓という贅沢
  • 第7章 檀家という贅沢
    • 介在する葬祭業者
    • 仏教寺院の経済的背景
    • 阿修羅像はなぜ傷んでいるのか?
    • 必要な檀家は最低でも300軒
    • 減る年忌法要と無住化の危機
    • 戒名料依存の体質が変わらない訳
    • 檀家という贅沢
  • 第8章 日本人の葬式はどこへ向かおうとしているのか
    • 柳田國男が恐れたもの
    • 核家族化で途絶える家の後継者
    • 仏壇を祀らせる運動として
    • 家の葬式から個人の葬式へ
    • 土葬から火葬へ
    • 日本人が熱心なお墓参り教
    • 大往生が一般化した時代
    • 最後に残るのは墓の問題
  • 第9章 葬式をしないための方法
    • 葬式をいっさいしないために
    • 完全自前の葬式は可能か
    • 僧侶を呼ばなければさらに
    • 宗派による葬式と墓の自由不自由
    • 寺檀関係のない僧侶のぼったくり
    • 作家と戒名
    • 戒名を自分でつける方法
    • 火葬するのも贅沢
  • 第10章 葬式の先にある理想的な死のあり方
    • 死んだ子どもの思い出に創設されたスタンフォード大学
    • 裕次郎さえ寺は残せなかった
    • PL教団の花火は葬式だった
    • 葬式で儲ける!?
    • 派手な葬式と戒名で財産を使いきる
    • 本当の葬式とは
  • おわりに


関連記事




関連リンク


書評記事