※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

小谷 賢『日本軍のインテリジェンス なぜ情報が活かされないのか(講談社選書メチエ)』

  • 小谷 賢 著


  「戦争中、日本は情報戦に負けた」と言われているが、それは暗号を解読されていたという単純なレベルのものではない。 暗号解読に関して言えば本文中で述べてきたように、日本も連合軍の暗号をある程度解読していたため、この分野で日本がまったく無防備であったというわけではない。
  それよりも深刻な問題は、日本がインテリジェンスを組織的、戦略的に利用することができなかったという組織構造や、対外インテリジェンスを軽視するというメンタリティーにあった。 イギリスなどと比べると、政治家が情報を戦略的に利用する意図が低かったために、日本が戦略的劣勢に追い込まれてしまったということである。この点をよく理解しておかなければ、いずれまた同じ過ちを繰り返すかもしれない。



目次

  • はじめに
    • 立ち遅れている日本のインテリジェンス研究
    • インテリジェンスの本質
    • 明治以降の日本のインテリジェンス
  • 第1章 日本軍による情報収集活動
    • 1 情報源による類型
      • 様々な性質の情報源
    • 2 日本の通信情報(シギント)
      • 実力の過小評価
      • 近年の見直し
  • 第2章 陸軍の情報収集
    • 1 通信情報
      • (1)対米英暗号解読活動
      • (2)対中暗号解読活動
      • (3)対ソ暗号解読活動
    • 2 人的情報(ヒューミント)
      • (1)沿革
      • (2)情報機構の改革
      • (3)対ソ情報活動
      • (4)中国大陸における情報活動
      • (5)南方における情報活動
    • 3 防諜(カウンター・インテリジェンス)
      • (1)憲兵隊
      • (2)陸軍省調査部
  • 第3章 海軍の情報収集
    • 1 通信情報
      • X機関の設立
      • 方位測定の活用
    • 2 人的情報
      • 軍令部特務部
      • 日本海軍に雇われたイギリス人たち
    • 3 防諜
      • 防諜の不徹底
      • 油断と慢心のツケ
  • 第4章 情報の分析・評価はいかになされたか
    • 1 陸海軍の情報分析
      • 分析とはどのようなプロセスか
      • 軍上層部の無関心
    • 2 陸海軍における情報部の地位
      • 「作戦重視、情報軽視」の弊害
      • たび重なる判断ミス
      • 役割分担の欠如
      • 空母サラトガを四度撃沈?
    • 3 情報部の役割
      • 深刻なセクショナリズム
      • 「インテリジェンス」と「インフォメーション」の混同
  • 第5章 情報の利用―成功と失敗の実例
    • 1 戦術レベルにおける利用
      • 成功した事例
      • (1)作戦戦闘における通信情報
      • (2)作戦戦闘における人的情報
    • 2 主観と偏見──情報の落とし穴
      • (1)連合軍(主にイギリス)の対日イメージ
      • (2)日本陸軍の対米英イメージ
      • (3)日本海軍の対米英イメージ
  • 第6章 戦略における情報利用―太平洋戦争に至る政策決定と情報の役割
    • 日本とイギリスの情報戦略に対する姿勢
    • (1)三国同盟に至る情勢判断
    • (2)独ソ戦勃発に関わる情勢判断
    • (3)暫定協定案とハル・ノートに感する情報判断
    • 主観的判断と情報の政治化
  • 第7章 日本軍のインテリジェンスの問題点
    • 固有の問題点
    • 情報部の立場の弱さ
    • 情報集約的機関の不在
    • 近視眼的な情報運用
    • リクワイアメントの不在
  • 終章 歴史の教訓
    • (1)組織化されないインテリジェンス
    • (2)情報部の地位の低さ
    • (3)防諜の不徹底
    • (4)近視眼的情報運用
    • (5)情報集約機関の不在とセクショナリズム
    • (6)戦略の欠如によるリクワイアメントの不在
  • あとがき
  • 索引



関連記事


関連リンク

書評記事