※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目次

歴史は「べき乗則」で動く――種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学 (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)

  • 著者:マーク・ブキャナン(Mark Buchanan)
  • 原題:Ubiquity: The New Science That is Changing the World

 戦争の原因は政治や歴史に求め、自身の原因は地球物理学に求め、森林火災の原因は気象や自然の生態学に求め、そして市場暴落の原因は財政、経済、あるいは人間の行動心理に求められるべきものである。どれもそろって「大惨事」や「大激変」と形容されるが、これらの出来事はそれぞれ特有の土壌から発生してきたものだ。しかしそれでも、これらはある興味深い類似性をもっている。国際関係のネットワーク、森林や地殻の構造、投資家の期待や展望のつながりあい──こうしたシステムの組織構造はどれも、小さな衝撃がシステム全体へと広がりうるようになっている。それはまるで、こららのシステムが不安定な剣の先でバランスをとっていて、それがいつ崩れてもおかしくない状態であるかのようだ。

  • マーク・ブキャナン『歴史は「べき乗則」で動く――種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学』 (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)、p24


目次

  • 第1章 なぜ世界は予期せぬ大激変に見舞われるのか
    • はかない平穏
    • 大火災
    • 突然の暴落
    • 剣先に立つ
    • 砂遊びする男たち
    • 蝶を超えて
    • 歴史の意味
  • 第2章 地震には「前兆」も「周期」もない
    • 不安定な地面
    • ミッション・インポッシブル?
    • 世界の主
    • 大きな泥玉
    • 背景雑音
  • 第3章 地震の規模と頻度の驚くべき関係:「べき乗則」の発見
    • 爆弾探知
    • ジャガイモの理論
    • 原因は一つ
  • 第4章 べき乗則は自然界にあまねく宿る
    • 完璧なフラクタル
    • 電子の小島
    • 歴史物理学
    • 細部の記憶
  • 第5章 最初の地滑りが運命の分かれ道:地震と臨界状態
    • 砂山と地震
    • 密着と滑り
    • デジャヴ
    • 誤りから出た一致
    • どうしてそうなるのか?
    • 不均衡な世界
  • 第6章 世界は見た目よりも単純で、細部は重要ではない
    • 秩序の形成
    • ゼロの物語
    • 集団の出現
    • 深遠なる原理
    • 臨海的思考
  • 第7章 防火対策を講じるほど山火事は大きくなる
    • 正しく燃やす
    • 超臨界状態
    • 相対性と臨界
    • 米粒──砂粒の改良版
  • 第8章 大量絶滅は特別な出来事ではない
    • 不可抗力
    • 凍てつく風
    • 図書館での10年間
  • 第9章 臨界状態へと自己組織化する生物ネットワーク
    • 山々をさまよう
    • デジタル生物
    • 棒と楔
    • 進化的思考
    • 外なる力、再び現わる
  • 第10章 なぜ金融市場は暴落するのか:人間社会もべき乗則に従う
    • 基礎に戻る
    • 激しい変動
    • 群集
    • 心理戦
    • 世間は狭い
  • 第11章 では、個人の自由意志はどうなるのか?
    • 道を作る
    • 都市の仕組み
    • 金持ちへの道
  • 第12章 科学は地続きに「進歩」するのではない
    • 砂の歴史
    • 物語を超えて
    • 学問の性質
    • 通常の科学、通常でない科学
    • 革命の物理
  • 第13章 「学説ネットワークの雪崩」としての科学革命
    • 論文の足跡
    • 科学という砂山
    • あまりに人間的な
    • 文明と不満
    • 残酷な計算
    • 信念の力
  • 第14章 「クレオパトラの鼻」が歴史を変えるのか
    • 偉大な砂粒
    • クレオパトラの鼻
    • 歴史ゲーム
  • 第15章 歴史物理学の可能性
    • 歴史の物理学
  • 訳者あとがき
  • 解説:増田直紀
  • 原注


読書感想記事