※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

グーグル時代の情報整理術 (ハヤカワ新書juice)

  • 著者
    • ダグラス・C. メリル(Douglas C. Merrill)
    • ジェイムズ・A. マーティン(James A. Martin)
  • 原題:Getting Organization in the Google Era


目次

  • まえがき

パート1 自分を客観的に見つめ直す

  • 第1章 自らの脳を探る旅──カクテル・パーティーとキャプテン・クランチ
    • カクテル・パーティ効果を体験する
    • "ながら作業"は一般的に効率を低下させる
    • 短期記憶から長期記憶へ
    • レストランで注文と違う料理が出てきたのはいつ?
    • チェスのゲームを再現する
    • 判断を早く、と言われても
    • キャプテン・クランチにはまるワケ
  • 第2章 どうしようもなく間違った現代社会の仕組みと向き合う──夏休み、郊外生活、工場の勤務時間
    • 時代遅れな九時五時のライフスタイル
    • 子どもに"トウモロコシの収穫休み"なんて必要?
    • 高速車に乗って渋滞にはまる現代人
    • 「知識は力なり」は遠い昔
    • ベルの音で血管が破裂
    • がむしゃらに働かない
  • 第3章 自らの制約と向き合う──レースカー、バスケットボール・パンツ、オペラ
    • 思い込みか、現実か
    • 自分をパノラマ化する
    • 制約をコントロールするには?
    • 制約を無視すべきケースとは
    • 目標を明確に
    • ストレスという制約
  • 第4章 目的を明確にすることが重要──目の前の山に登るか、リクライニング椅子でゆっくりするか
    • 何をすべきか、何をっすべきではないかを理解する
    • 柔軟性が大事
    • 頭を空っぽに
    • 意思決定を行なうには

パート2 新時代の整理術を身に付ける

  • 第5章 検索が重要なワケ──テイラー・システムとトラッパー・キーパーに別れを告げて
    • 整理術は人それぞれ
    • 未来を予測する
  • 第6章 検索技術をマスターする──フランスのパリか、ラスベガスのパリスか?
    • ウェブのクローリング
    • 最も関連性の高い検索結果を得るには
    • 電卓としても使える検索エンジン
    • そのほかのヒント
    • コンピューターの検索
  • 第7章 情報を目立たせるには──カラー・マーカーとフィルタ
    • 目的は案内役
    • 不必要な情報をえり分ける
    • 繰り返しの効果
    • えり分けの落とし穴
  • 第8章 紙とデジタルの使い分け──システム手帳かデジタル・デバイスか
    • 紙の使い道
      • 頭の中をきれいにする
      • 問題を解決する
      • 膨大な文字の情報を消化する
      • 明細書を受け取る
      • 法的文書を保管する
    • 紙の欠点
      • 量が膨大な場合
      • 情報が必要になる状況やタイミングが分からない場合
      • 他者と共有する場合
      • 環境が気になる場合
    • クラウドの利点
    • メモの重要性
    • ペーパーレス・オフィスはどこへ消えた?
    • もどかしい変遷
    • 紙は今でも大事だが……
  • 第9章 電子メールを検索可能な"自分履歴"に変える方法──使い道は送受信だけじゃない
    • Gメールは自分履歴
    • 一大革新
    • 便利なスレッド機能
    • Gメール・アドレスに+記号を追加する
    • ToDoリストとGメールのその他の用途
      • ToDoの管理
      • 自分や他人にメモを送信する
    • アウトルック・メールを使いやすく
    • ためらう理由はどこにある?
  • 第10章 カレンダーをクラウドに保存すべき理由──共有がミソ
    • カレンダーも検索・共有の時代
    • 赤=仕事、青=遊び
  • 第11章 文書とウェブ・コンテンツの整理──ブラウザー、オペレーティング・システム、クールなステッカー
    • 重要な文書の保存
      • マスターのToDoリスト
      • 金銭の管理
    • リアルタイム・コラボレーション
    • "その一瞬"を整理する
    • 大西洋の真上で脳をフル活用するには
    • 検索することを前提に足場を組む

パート3 大小さまざまな困難に打ち克つ

  • 第12章 注意の散漫をなくし、仕事に集中する方法──脳の負担を抑える
    • 夕食のメニューがなかなか決められないワケ
    • 文脈変化の即戦術
      • 文脈の変化を見越して、メモを取っておこう。
      • 文脈の似た仕事をまとめて行おう。
    • 他者──コントロールできない文脈の変化
  • 第13章 仕事とプライベートを融合させる方法──浜辺でメールをチェック
    • 発想を変えよう
    • 休暇中にメールをチェックするべきか
    • 海外出張は脳の敵
  • 第14章 想定外の出来事に対処する
    • 誤解に次ぐ誤解
    • 戦いに挑み、勝つ
    • ミスは付きものだと受け入れる
    • とにかく情報が多すぎる
    • "今"を生きる
  • 第15章 まとめ
  • エピローグ 考えるな、滑れ!
  • 筆者のお勧めツール
    • 検索エンジン
    • デスクトップ検索
    • 電子メール
    • そのほかの通信ツール
    • オンライン・バックアップ、ストレージ、ファイル同期
    • ToDoリスト管理ツール、生産性ツール
    • ウェブ・ブラウザー、プラグイン
    • RSSリーダー
    • クラウドでの文書の共有
    • カレンダー
    • 電子ブック・リーダー
    • ノートパソコン
    • 医療情報の整理ツール


整理術の原則

  • (01)脳の負担がなるべく少なくなるように、生活を組み立てよう
  • (02)なるべく早く、頭の中から情報を追い出そう
  • (03)"ながら作業"は一般的に効率を低下させる
  • (04)物語を使って覚えよう
  • (05)いつもそうしているからといって、そうしなければならないわけではない
  • (06)知識は力ならず。知識の共有こそ力なり
  • (07)思い込みの制約ではなく、現実的な制約をくぐり抜ける術を身に付けよう
  • (08)自分を決め付けるのではなく、自分自身に心から正直になろう
  • (09)制約を無視すべきケースを知ろう
  • (10)エンジンをかける前に、どこに向かっているのか、どうやって向かうのか明確にしよう
  • (11)目標の達成方法に幅を持たせよう
  • (12)情報を整理するのではなく、検索しよう
  • (13)本当に記憶の必要な物事だけを記憶しよう
  • (14)大きなかたまりを、小さなかたまりに分けよう
  • (15)週一回、重要な情報を見直す時間を設けよう
  • (16)完璧な整理術などない
  • (17)あとで検索しやすいように、デジタル情報には関連キーワードを追加しよう
  • (18)文脈の変化を見越して、メモを取っておこう
  • (19)文脈の似た仕事をまとめて行おう
  • (20)仕事とプライベートのバランスを取るのではなく、融合させよう

関連リンク


書評記事




関連記事