コードギアス第8話「黒の騎士団」

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Stage 8:黒の騎士団


あらすじ


戦略物資「サクラダイト」配分会議の行われているホテルが、日本解放戦線のテロリスト草壁中佐にジャックされた。
コーネリアは、会議場に居合わせたユーフェミアを助けるため、さまざまな方法で人質救出を試みるが、いずれの方法も失敗。残るは、河口湖上に建設されたホテルに物資を運び込むために水中に建造されたライフライントンネルからの突入だけになった。
コーネリアはサザーランド3機を投入するが、サザーランドを改造した雷光と超電磁式粒散弾銃砲の前に、突入を阻止される。
八方ふさがりになったところに現れたのが、新宿ゲットーのテロリストを引き連れたゼロことルルーシュだった。
コーネリアの親衛隊により埼玉で大敗を喫したルルーシュは、組織力を求めて新宿ゲットーのテロリストと手を組み、「黒の騎士団」を創設していた。
ルルーシュの目的は、ユーフェミア同様に人質となっているアッシュフォード学園生徒会のメンバー、ミレイ、シャーリー、ニーナを救出すること。そして、あわよくば草壁を従え、組織力を増大させることだった。
ルルーシュは、コーネリアに「ユーフェミアを救ってやる」と持ちかけて、正々堂々と草壁に会うチャンスを得る。
草壁と面会したルルーシュは、仲間にならないかといったん草壁に申し入れるが、草壁の思想が「日本復興」という単なる歴史の逆進でしかないことを悟り、ギアスの力を使って草壁を含むテロリスト集団を殺害した。
そののち、ルルーシュはユーフェミアと久しぶりの再会を果たす。
「ブリタニア皇帝の子供だから殺した」
とユーフェミアに告白し、ユーフェミアに銃を向けたその瞬間、ホテルが激震し、崩落しはじめる。
これを機にゼロを撃とうとして、コーネリアが裏から手をまわし、出撃させたランスロットが、ライフライントンネルの敵を撃破し、ホテルの基礎部を破壊したためだった。
ギルフォードが人質救出に向かおうとした瞬間、建物中央からの爆破が始まった。
ルルーシュが、ホテルから、また、コーネリアから、無事に逃げおおせるために仕掛けておいた爆弾が爆発したのだ。
人質を救出し、自らも無事逃げおおせたルルーシュは、テレビ電波をジャックし、叫ぶ。
「我々は、力あるものが、力なきものをものを襲うとき、再び現れるであろう。たとえその敵がどれだけ大きな力を持っているとしても。力あるものよ、我を恐れよ。力なきものよ、我を求めよ。世界は我々黒の騎士団が裁く」
ルルーシュが、ギアスと組織力を以て世の中を変えると宣言した瞬間だった。

スタッフ

原画:佐光幸恵、鷲北恭太、田畑壽之、石田可奈、橋本誠一、橋本裕之、岡山思菜子、板垣敦、森寛之、鴨川浩、又賀大介、木村貴弘
色指定・仕上げ:サイトウチヅエ
美術ボード:菱沼由典
作画監督:佐光幸恵、山根里宏
総作画監督:千羽由利子、中田栄治
脚本:大河内一楼
コンテ:須永司
演出:馬場誠

キャスト

ルルーシュ:福山 潤
スザク:櫻井孝宏
C.C:ゆかな
ユーフェミア:南 央美
ニーナ:千葉紗子
シャーリー:折笠富美子
ミレイ:大原さやか
リヴァル:杉山紀彰
ロイド:白鳥哲
セシル:井上喜久子
扇:真殿光昭
カレン:小清水亜美
玉城:田中一成
南:加瀬康之
吉田:蓮池龍三
ティートハルト:中田譲治
リポーター:新井里美
草壁:天田益男
藤堂:高田裕司
コーネリア:皆川純子
ダールトン:梁田清之
ギルフォード:幸野善之
シャーリーの父:成田剣
パイロット:三戸耕三

レビュー

今週の見所は、黒き騎士ルルーシュと白き騎士スザクが、自らの望む世界を創るという同じ目的を掲げながらも、全く違う道を歩んでいくことになる過程を描いたところです。
ルルーシュは、埼玉ゲットーでの敗北で自らに必要だと学んだ「組織」を手に入れるために、ほかの人間(新宿のテロリスト集団)を「支配」し、「利用」する道を選びました。
これは、コードギアス第7話「コーネリアを撃て」において、コーネリアの親衛隊が強い本当の理由を学ぶことができなかったルルーシュならではの選択です。
ギアスの力と、組織を手に入れ、慢心したルルーシュは、よりアナーキズムに近い思想を持つようになりました。
「制裁」「正義の味方」という言葉を使うようになるなど、自らを「神」として位置づけるような傾向も見られるようになり、C.Cが自ら問うところの「あのタイプは危険だぞ、果たしてどちらの道に」という疑問への解は、現状では悪いほうに傾いているといわざるを得ません。
ルルーシュが否定する「ブリタニア皇帝」よりも、ある意味、質の悪い専制君主になろうとしているのは明かです。
一方スザクのほうは、自らの能力と性質によって、自らを受け入れてくれる「仲間」を着実に増やしつつあります。
今回は、危険だと知りつつも、ランスロットに登場して、ライフライントンネルに突入。当初の目的であった「おとり」以上の活躍を披露。ナンバーズを毛嫌いするコーネリアでさえも一目置くようになりました。
おそらく、スザクはコーネリアに重用されるようになり、親衛隊とはまた少し異なる立場からコーネリアとユーフェミアをサポートして、新しい国家への礎を築いていくものと思われます。
コードギアス第8話「黒の騎士団」のアバンで語られた 「すでにこのとき、先行きの命運は必然として約束されていたのかも知れない」 という一言を鑑みるに、今後、アナーキストであるルルーシュと、民主主義のスザクが一騎打ちとなるのは間違いないと思われます。
また、スザクがルルーシュのことをも変えていくことができるのか、それがこの物語の一番の見所であると申せましょう!

ツボ1

やっぱり、ロイドがいい!!!
出撃許可が出たときのうれしそうな顔ときたら!!
ほほが赤らんでるんですが!!(笑)
子供みたいで、なんか、ロイドはやっぱり29歳とかじゃないかも?!と思ったり。
スザクが生徒会のメンバーを救い出そうとして、崩落するビルの中につっこんでいったときの焦る顔ももよかったです。
よせ、枢木准尉!!!!

マジでスザクより、ランスロットのこと だけ が心配なのね~、みたいな(笑)
エンジニア根性ですね~!!

ツボ2

どうでもいいんですが、ロイドの部隊は、ほとんど人がいないみたいなんですけど~(笑)
あの大きなランスロットのメンテを、ロイド含めて3~4人ぐらいでやってるとしか思えないんですが、さすがにそれはありえないだろーって思います。
もうちょっとエンジニアを投入してあげてください>谷口監督!

ツボ3

ルルーシュのマスクには、音声変換機能がついてるみたいですね。お外で話をするときだけ、あーゆーのになっているのかと思っていたら、日常会話もエコーがはいってた(笑)

ツボ4

ティートハルトが池で釣りをしているところが…(笑)
意外に趣味人なようです。ますます、藤堂と意見が合いそうな気がしてきました。
はやくふたりの相まみえるときが来てほしい!

ツボ5

黒の騎士団、センスわりぃー!! ゼロのコスもいかがなもんよと思いましたが、さらにヘンなんですが!!!(笑)
カレンとか、むちゃくちゃヤバくなかったですか?! 似合わないよー!! あんな集団に正義を語られたら、誰だってうさんくさいと思うに違いない(笑)
ルルーシュって、やっぱり悪趣味。
仮面かぶりすぎて、後頭部がやばくならないように気をつけていただきたいです。

ツボ6

なんか、いまいち、草壁の目的がわからなかったんですが…「要求」って、なんだったんでしょうねえ~…。明確に語られなかったような気がするんですが。
単に、目立ちたかったという、そういうことなのかしら…。

ツボ7

ユーフェミアは近眼なんですかねえ~。それとも、だて眼鏡?それとも、単にファンサービス…?!(爆)

ツボ8

x boxの「ブルードラゴン」のCMがヘンです。

王子?「ゾラ、そこは…婚姻を意味する神聖な指」
ゾラ「この指にしか入りませんゆえ」

ゾラっていう子が、「うふっ」てなってんですが、どうでもいいけど、マジで退く!!(笑) すっげー、コワイんですが!!
やですよねえ、こんな娘…。 
んでもって、声もいまいち。なんか、へた…。

ツボ9

来週が、なぜか「Stage 8.5」なのが気になります。
その「0.5」って何?!


                    →トップページに戻る


Stage 8「黒 の 騎士団」はおもしろかった?

選択肢 投票
★★★★★ (4)
★★★★ (2)
★★★ (0)
★★ (0)
★ (0)

コメントはこちら


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

-
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

レビュー

コードギアス・番組の感想はこちら

アンケート

清き一票?をどうぞ!

ストーリー概要

用語集がだんだんヘンになってきています…。

スタッフ&キャスト


OP/ED


関連商品


LINK

プライベートリンクは誰でも編集可能です!

ABOUT


SEO対策
今日:
昨日: