コードギアス第3話「偽りのクラスメイト」

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Stage 3:偽り の クラス メイト


あらすじ


クロヴィスの前に現れたルルーシュは、C.Cから得た力を使って実の母の殺害を指示した人間の名を問いつめる。
クロヴィスが口にしたのは「第2皇子シュナイゼル、第2皇女コーネリア」。
ルルーシュは次なる敵の名を知ると、クロヴィスを殺害し、その場を立ち去る。
新宿での事件とクロヴィスの死。
ブリタニア帝国エリア11の内政が大きく揺れ始めた。
パトレーは失脚。ジェレミアがクロヴィスの代わりにエリア11を手中に収めた。
一方、ルルーシュは、クロヴィス殺害後、何食わぬ顔をして学園生活に戻る。
そこで出会ったのが、新宿の事件でナイトメアフレームに登場していたレジスタンスのメンバーのひとり、カレンだった。
新宿でレジスタンスに力を貸したのはルルーシュなのでは?
そう疑うカレンをなんとか欺いたルルーシュだったが、ほっとしたのもつかの間。
クロヴィス殺しのぬれぎぬが、かつての友スザクにかけられていることを知る。

スタッフ

原画:浦上貴之ほか
色指定・仕上げ:井上あきこ
美術ボード:菱沼由典
作画監督:しんぼたくろう 高瀬健一
総作画監督:千羽由里子 中田栄治
脚本:大河内一楼
コンテ:村田和也
演出:村田和也

キャスト

ルルーシュ:福山 潤
カレン:小清水亜美
ミレイ:大原さやか
シャーリー:折笠富美子
リヴァル:杉山紀彰
ニーナ:千葉沙子
ナナリー:名塚佳織
咲世子:新井里美
クロヴィス:飛田展男
パトレー:宝亀克寿
ジェレミア:成田剣
ヴィレッタ:渡辺明乃
扇:真殿光昭
教師:蓮池龍三
兵:加瀬康之
女生徒:真田アサミ
女生徒:福圓美里
ナレーション:ゆかな

みどころ

第3回のみどころは、ルルーシュの日常生活を描いた点です。
第1話?第2話?がルルーシュの今後の方向性を描いたのに対し、第3話は、なぜそこにいたったかを説明するパートを担っています。
ルルーシュのおかれてきた環境を説明することで、表面的にはクールでロジカルな合理主義者という印象のキャラクターに、深みを出しました。
また、「世界を変える」などというたいそうな野望を抱く少年に対して、視聴者が親近感を覚えるような構成になっていました。
「親近感を演出する」=「男性視聴者サービス」とも思えるような女子キャラ萌え演出だったのは、個人的にはスルー。
シャーリーがミレイにセクハラされたり、ミレイがいきなり裸エプロン系になってみたり、カレンがシャワーを浴びてみたりしたのは、ひょっとしたら制作サイドとしても、

「おれたちだって、たまには息抜きしたいんだよ! アソビがあったっていいじゃないか!」

的気持ちの表れだったのかもしれないと思います(笑)
谷口悟朗さん、「お笑い」好きだし(笑)
毎週毎週、ルルーシュvsスザクでは、脚本家さんも演出さんも監督さんも、疲労感もりもりになってしまいますからね!

ツボ1

ルルーシュとカレンが生徒会のボールルームに行ったら、なぜかほかの生徒会メンバーがそこにいて、パーティーしようとしていたのはゲキ謎でした(笑)
まあ、なんというか…ご愛敬でしょうかね。アニメですから。

ツボ2

よくよく見てみると、ジェレミアの会見のときに、第4話?で登場するキューエルがちゃっかり登場!

ツボ3

実験データというのがすごく気になります。なんの実験データなのか…というのもありますが、あんなチップみたいなの落として、データがイキてるのかどうかも、かなり疑問(笑)
つか、ひょっとして、あのニーナっていう女の子は重要人物のひとりになっていくのでしょうか?


                    →トップページに戻る


Stage 3はおもしろかった?


選択肢 投票
★★★★★ (8)
★★★★ (2)
★★★ (1)
★★ (0)
★ (0)

コメントはこちら


名前:
コメント:

-
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

レビュー

コードギアス・番組の感想はこちら

アンケート

清き一票?をどうぞ!

ストーリー概要

用語集がだんだんヘンになってきています…。

スタッフ&キャスト


OP/ED


関連商品


LINK

プライベートリンクは誰でも編集可能です!

ABOUT


SEO対策
今日:
昨日: