※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは、CGI人狼との違いを挙げていきます。

トリックスターでのルール(まとめ)

  • 1ゲーム30分~2時間の短期決戦バージョンです。
  • 原則、固定キャラクターで参加します(別キャラという概念もあります)。
  • ゲームは1日目夜からスタートします。
    • 人狼は1日目夜のみ初日犠牲者しか襲撃できません。
  • ゲームはGMのコールを元に、リアルタイムで進行します。
    • (昼…4~5分・夕…全員投票終了まで・夜…能力使用終了まで)
    • 投票はGMに吊りたい人1名を1:1会話する事で投票とします。
    • 人狼の襲撃・能力使用は夜にGMに1:1会話をする事で施行されます。
  • 共有者同士で1:1会話でいつでも制限なく会話ができます。
  • 人狼同士で1:1会話でいつでも制限なく会話ができます。
  • 狂人は人狼と会話はできません。もちろん、誰かもわかりません。
  • 第3勢力(妖狐)は13人(GM含む)から登場します。


ログが残らない

CGI版では、その村のログが終わった後も残ります。TS版ではログが残りません。

発言の手間が少ない

CGI版では、発言するのにはいちいち「更新/発言」というボタンを押さなければなりません。TS版ではリアルタイムなので、発言はリアルタイムで行われます。

GMの手間がかかる

CGI版では、投票も配役も、コンピューターが自動で集計・決定をしてくれます。TS版では、投票や配役もGMがいないとどうしようもありません。

制限時間が表示されない

CGI版では、残りの制限時間がリアルタイムで分かります。TS版ではGMがお知らせする必要があります。

人狼・共有者同士が昼間も会話できる

CGI版では、人狼・共有者同士は夜しか会話できません。昼間はお互いの連絡手段がありません。TS版では昼間でも(※)1:1会話を利用して、会話を行うことができます。昼間も相談できるので、組織票や共有者の能力者騙りが簡単にできます。

夜の人狼同士の会話の発言回数が分からない

CGI版では、人狼同士が夜に会話をすると、村人には「アオォーーーン」という風に、何を喋っているかは分かりませんが、発言の回数が分かります。TS版では回数すら分かりません。

夜の独り言が行えない

CGI版では、夜のターンでも村人が「独り言」として、ログに発言を残せます。TS版では独り言不可です。

死んだ後詳細が分からない

CGI版では、死んだ後、誰が何の役職かが分かる上、人狼同士や共有者同士の夜の発言や、村人の独り言も分かります。死んだ後も楽しいです。TS版では死んだ後、昼間しか見る場面がありません。更に、誰が何の役職かも分かりません。

必ず固定ハンドルネームである

CGI版では、毎回違う名前で参加できるので、メタ推理(その人のクセや喋り方などで推理する)が起こる心配がありません。TS版では、新しいキャラを作らない限り、同じ名前なので、その人のクセなどを無意識に探ってしまう心配があります。

場所の確保が必要

CGI版では、村さえあればすぐに集まって開始できます。TS版では、まず、人狼を行うための場所の確保が必要なので、色々大変です。


と、以上のように、TSとCGIの違いは挙げるとキリがありません。まだまだ違いはあります。ですが、GGIとTSを比べるのは邪道ですので、あまり気にしないようにした方がいいでしょう。