※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大まかな流れを覚えよう!



なかしゅん先生
じゃあこれから「人狼」の大まかな流れについて説明するね。
まず人が揃うと、GM(ゲームマスター)さんが点呼を取ったりメモを作ったりするよ。
全員の確認とメモの作成が終わったら、役職を振り分けていくんだ。
GMさんは人間だし、振り分けるのも一苦労なんだよ。
GMさんは色々大変なんだよー。

生徒A
確かに大変そう…
これだけ大変だと、ゲームを始めるのにも時間かかっちゃうよー

なかしゅん先生
そうだね。確かに準備には多少時間がかかってしまうんだ。
だけど、それだけGMさんも大変なんだから、遅い遅いって文句を言っちゃいけないよ?

生徒A
はーい。
あ、せんせー、役職はどうやって決めるの?

なかしゅん先生
1:1会話で役職を振り分けていくんだ。
だけど、村人は1:1会話は来ないから気をつけてね。
役職はランダムで決めるんだよ。役職は始めるときの人数によって種類が少なかったり多かったりするよ。
役職というのは、「村人」だったり、「占い師」だったり、「人狼」だったりね。

生徒A
え?じゃあ僕が人狼になることもあるってこと?

なかしゅん先生
そう。君が人狼になることも有り得るよ。
参加者全員に、まったくランダムで役が割り当てられるんだ。
たまに希望制で決めたりするんだけど、基本はランダムだよ。
時間がかからないから楽なんだよ。
本当は「占い師」になりたかったなー、って思ってもガッカリしないでね。

生徒A
はーい。

なかしゅん先生
役職を振り終わったらゲームがスタートするよ。
ゲームがスタートすると、まず「1日目夜」になる。
テロップが流れるからすぐ分かると思うよ。

生徒A
テロップって、マイキャンプ告知ってことだよね!
分かりやすくていいなぁ!

なかしゅん先生
うんうん。最初は夜からスタートだ。
夜は狼達の時間。狼達がどんな会話をしても、狼以外には分からないようになっているよ。
それで、「1日目夜」に、狼は相談したりしながら、初日犠牲者(NPC)を噛むんだ。あ、ただし、他の人狼ゲームだとね、「初日犠牲者」なんだけど、人狼土曜日版の場合は、「初日犠牲者=なかしゅん先生」なんだよ。

生徒A
え?先生が初日犠牲者ってこと?っていうことは先生噛まれちゃうの?

なかしゅん先生
そう。最初の夜に先生は噛まれて殺されてしまうんだ。
最初に噛まれるように、ゲーム中に組み込まれているNPC(人が操作していないキャラ)さ。まあ、さっきも言ったとおり、他の人狼ゲームでは「初日犠牲者」だけどね。
でも、どの人狼ゲームでも、基本的には初日に参加プレイヤーは噛まれないよ。
だって君も最初の夜に推理もせずに噛まれてしまったらつまらないだろ?

生徒A
うーん、そうだけど…なんか複雑な気分。

なかしゅん先生
はは、まぁしょうがないね。先生はそういう役目なんだよ。
ちなみに先生は、「人狼」、「妖狐」では無いよ。これだけは最初の役の振り分けで決まってるんだ。
でも先生が「占い師」だったりすることもあるから、そうなると村は大変だね。

生徒A
先生が占い師だったら、僕達どうすればいいのー?(泣)

なかしゅん先生
それでも村人は勝つことが出来るから、最後までめげないんだよ。(と、なぐさめる)

さて、「1日目夜」に先生を噛んで、占い師が能力を発動した時点で、
「2日目朝」になるんだ。朝になると全員が会話できるようになるよ。
議論してる時間は昼だから、"朝"はテロップが流れた時だけだね。
テロップが流れ終わったら昼の時間だ。そこでみんなで推理しながら、夕方に「誰を処刑するか」を投票するんだ。

生徒A
誰かを処刑するなんて……僕……

なかしゅん先生
こらこら。投票しなきゃならない決まりなんだ。自分に投票することもできないから必ず誰かに投票しなければならないよ。

生徒A
はーい。

なかしゅん先生
うん。必ず投票は済ませるんだよ。
夕方の投票が終わると、「2日目夜」になるんだ。
こんな感じで「夜→(朝)→昼→夕方(投票)→夜→(朝)→昼→夕方(投票)…」と続けて行って、最後に狼を全部吊れば村人の勝ちだよ。
大体の流れは分かったかな?

生徒A
はーい!分かりましたー!

なかしゅん先生
よしよし(と頭をなでる)
それでは、次回は「さっそく参加してみよう!」の回だよ。
ではまた来週ね。って狼がーー!!

生徒A
せんせーーー!!