※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

狩人編

【護衛先選択の定石】序盤は占い師を適当に守る

村人陣営においての推理の基本は「どの占い師が本物であるか」である。序盤から占い師がいなくなるとそれ以降は主観による推理しかできなくなってしまう。唯一の客観的データが「占い師の判定」であるので、序盤はなるべくそのデータを集めるためにも占いを保護するのが有効である。

【護衛先選択の定石】終盤は共有者(または、村人と確定している人)を守る

終盤の狼の食いは基本的に「自分(狼)以外を狼と疑っている人(ミスリード要員)」「狼疑惑をかけ、投票で吊られて貰う人(狼嫌疑要員)」を残すように食ってくる。逆に、共有者や村人確定者はミスリード要員にはなりうるが狼嫌疑は絶対にかけられない存在である。自分以外に嫌疑をかけられる人がいないと投票で自分が吊られてしまうため、嫌疑要員は絶対に残すように食ってくる。となると、嫌疑をかけられない共有者等は格好の食い対象なのである。

【護衛先選択の定石】霊能者がCOし、翌日の判定が勝負の決め手になるような時は、霊能者を守る

霊能者と複数の占い師がCOしていて、占い師が黒判定を出した場合などが良くあるケース。霊能結果が白でも黒でも推理が大きく進むため、霊能者の存在がキーになる。多くの場合、霊能結果で占い師の真贋がほぼ確定する。狼が占い師を殺害したとしても、少なくとも占い師の真偽ははっきりする。狼サイドも護衛を予想して霊能者は避ける事が多いが、万が一霊能者が殺害された場合の情報喪失はあまりにも甚大。

【護衛先選択の定石】下手に勘を働かせて、単なるグレー村人を守ってはいけない

護衛はあくまで保険。不確実な可能性に賭け能力者や確定白を危険に晒すよりも、最悪の状況を回避する事を考えよう。

必ず序盤~中盤は潜伏するべし

このゲームは、COした占い師を狩人がガードし続ければ村人側がほぼ確実に勝てるようにできている。逆にいえば、騙りの占い師を乱発したり、情報操作などの手段を用いて、狩人の護衛を外したり、狩人を特定して襲撃することが狼側の第一の目標である。
よって、占い師が喰われないように、自分が死なないように、と振る舞うのが狩人の基本戦略となる。序盤~中盤にかけては、村人の中に溶け込むように努力すること。

吊られるような発言、投票をしてはいけない

上の項目の理由から、狼側と思われて吊られてしまうような言動をしないように注意しなければならない。
極稀なケースだが、「狩人でないのに狩人COする人」や、「狩人でないのに自分が狩人であることを匂わせる発言をする人」がいることがある。その人には投票しないほうが無難。偽狩人と断定できるのは真狩人のみなので、狼側には自分が真狩人だとアピールする結果になりやすいし、村人側にはあからさまに怪しい人を人柱にする潜伏狼にみられてしまう。

毎日誰を守っていたかメモを取っておくこと。

特に誰も死ななかった日の護衛対象は絶対に忘れてはいけない。COする時には護衛結果を言わなくては信用され辛いからである。