|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

各ソフトの設定

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

各ソフトの設定

と言っても、「WME」と「SCFH DSF」の解説しか出来ません。
各環境によってキャプチャボードとか視聴用のソフトとか違うわけですし、
それを全部解説するのは不可能ですし。

例によって解説する項目が多いので、いくつかに分けて解説します。
そんなわけで目次。
1・ソフトのインストール
2・WMEの設定
3・SCFH DSFの設定
4・実際に放送する

1・ソフトのインストール

まずは「WME」のインストールをします。
映像配信に必要なもので紹介したページの「Windows Media エンコーダ 9 シリーズ」の欄にある
「Download Now」のボタンを押せばすぐにダウンロードが始まります。
ダウンロードしたファイルを実行すると、色々とめんどくさいウィンドウが出てきます。

kyodaku1.png
kyodaku2.png
ちゃんと使用許諾書を読んでから同意しましょう。


install_wme.png
インストール先はこのままの方がいいかも。

インストール先のフォルダを選んで、次のページにある
インストールボタンを押して数秒~数分間待てばインストールが完了します。

あ、このWMEですが、Windows XP向けに更新プログラムがマイクロソフトから配布されているので、
Windows XPを使用している人は「Microsoft Update」にアクセスし、
カスタム→ページ左側にある「優先度の高いプログラム」と辿っていき、
「Windows XP 用 Windows Media エンコーダ 9 シリーズ用
 セキュリティ更新プログラム (KB954156)」にチェックを入れ、
ページ上部の「更新プログラムの確認とインストール 」を押して
更新プログラムをインストールすることを強くオススメします。


続いて(必要であれば)「SCFH DSF」のインストールです。
映像配信に必要なもので紹介したページから
「SCFHDSF04.zip」をクリックし、ダウンロードしてください。
ダウンロードしたzipを解凍し、「install32.bat」(Windows Vista 64bitであればinstall64.bat)を起動して
インストールを行ってください。

install_scfh.png
こんな画面が出ればインストール成功。

以上で必要なソフトのインストールは終わりです。
続いてWMEの設定を行います。