記事 > ゲーム > 東方ドミニオン > 大会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東方蒐福符 大会予選

期間
2010年6月14日(火)〜夏休みあたりまで
参加資格
なし。漫研会員なら誰でも。
予選へのエントリーは予選期間中いつでもOK。
新規エントリー募集中。
初めての人向けに初心者教室も随時行います。
本選出場条件
予選終了時にAクラス(後述)に在籍
概要
東方ドミニオンで楽しく遊ぶための大会です。(主にBOXで開催されます)


予選ルール

クラス別ポイント制

予選用の順位点は各プレイヤーのクラスとルールにより変動する。
各プレイヤーのクラスとして以下の3クラスに分ける。
  • Cクラス(初級者)
  • Bクラス(中級者)
  • Aクラス(上級者)
また、公式戦(ポイントの付くゲーム)は4人戦のみとする。
BOXで行われるゲームは初心者を含む場合を除き、基本的に公式戦として良い。
ただし、結果は順位、ポイントとも必ず規定のノート(東方ドミニオン予選猫)に記録すること。

クラス別ルール

本選ではAクラスルールを採用する。
複数のクラスのプレイヤーが対戦する場合、下位クラスのルールを採用する。

Cクラスルール

使用するカード(幻想郷カード)は基本セット(赤シール)の26種のみ。
キャラクターカードは使用しない。
幻想郷カードのセレクトは、ランダムで10種類を選ぶものとする。
ターンの処理(スペルカード、入手、補充、リシャッフルなどの基本的なルール)の把握を目的とする。

Bクラスルール

使用する幻想郷カードは基本セット、拡張セットver1(青シール)、拡張セットver2(緑シール)とする。
キャラクターカードは使用しない。
幻想郷カードのセレクトは、ランダムで10種類を選ぶものとする。
ホールドやコイン、マットの利用やカード毎のインタラクションなどの応用的なルールの把握を目的とする。

Aクラスルール

全ての幻想郷カード、およびキャラクターカードを使用する。
幻想郷カードのセレクトはドラフト制(後述)により選択8種類、ランダム3種類、『輪廻の記録 稗田阿求』の計12種類とする。
特殊なコスト体系やオリジナル要素などの東方蒐福符の独自ルールの把握を目的とする。

クラス別順位点

Cクラスルール

Cクラスプレイヤー
1位 +4点,2位 +3点,3位 +2点,4位 +1点
Bクラスプレイヤー
1位 +4点,2位 +2点,3位 +1点,4位 +0点
Aクラスプレイヤー
1位 +4点,2位 +1点,3位 -1点,4位 -2点

Bクラスルール

Bクラスプレイヤー
1位 +6点,2位 +4点,3位 +2点,4位 +0点
Aクラスプレイヤー
1位 +6点,2位 +2点,3位 -2点,4位 -6点

Aクラスルール

Aクラスプレイヤー
1位 +8点,2位 +2点,3位 -2点,4位 -8点

クラス昇格

Cクラスプレイヤーが累計10ポイントに到達した場合、その場でBクラスプレイヤーに昇格する。
Bクラスプレイヤーが累計30ポイントに到達した場合、その場でAクラスプレイヤーに昇格する。
この時、Cクラスからのポイントは引き継ぐ。
クラスの降格は無い。

ドラフト制

Aクラスではドラフト制により、キャラクターカード・幻想郷カードを決定する。

キャラクターカードドラフト

キャラクターカードをシャッフルし8枚を表向きに出す。
累計ポイントの低いプレイヤー(またはランダムに選ばれたプレイヤー)から6枚取り、そのうち使いたいキャラクターカード1枚を選ぶ。
また他のプレイヤーに使われたくないキャラクターカード1枚を裏向きにして出し、外す。
次のプレイヤーは2枚補充し、同様にキャラクターカードを選ぶ。
全員のキャラクターカードが決定したところで、それを公開し、キャラクター速度(番号)順に時計回りに席を決める。
その後、キャラクターカードに示された数の緑コインを受け取る。

刻符山・幻想郷縁起山カット

幻想郷カードの刻符(ただし『輪廻の空間記録 稗田阿求』は含まない)をシャッフルし裏向き3山作る。
手番が最後のプレイヤーが1山選び、その山からさらに裏向き6山を作る(選ばれなかった山は次ゲーム以降に利用する)。
手番が最後のプレイヤーが6山から1山選び、カードをすべて表向きにする。これらのカードは今ゲーム使用されない。
手番が3番目のプレイヤーが5山から1山選び、ブラインド用の山とする。
手番が最後のプレイヤーから順に、4山から1山ずつ選ぶ。
『幻想郷縁起山』のカード(レアカードを除く)をシャッフルし、裏向き6山作る。
さらにレアカードを6等分して各山に混ぜシャッフルする。
手番が最後のプレイヤーは6山から1山を選び、それを今ゲーム使用する『幻想郷縁起山』とする(選ばれなかった山は次ゲーム以降に利用する)。
前ゲーム以前にカットされた刻符山・幻想郷縁起山が残っている場合、それらの山から1山ずつ選び利用する。

幻想郷カードドラフト

手番が最後のプレイヤーから反時計回りに使用したい幻想郷カードを1種ずつ選び公開する。
4種揃ったところで、ブラインド用の山から1種出す。
次に手番が最初のプレイヤーから時計回りに使用したい幻想郷カードを1種ずつ選び公開する。
9種揃ったところで、再びブラインド用の山から2種出す。
残りの1種は『輪廻の空間記録 稗田阿求』で固定である。

ゲーム準備処理・終了処理

刻符をコスト順に並べ、その上にカードを用意する。
システムカードセットの他に『幻想郷縁起山』(各幻想郷カードが1枚ずつ含まれる裏向き山札)を用意する。
これに含むカードは右上に黄色のシールが貼ってある。
キャラクターカード『八雲紫』を選んだプレイヤーが居る場合、そのプレイヤーはこの段階で1種類カード名をメモしておく。
また『ベントラー』カードをシャッフルし裏向き山を作る。
その後は、通常ゲームと同じように準備する。
ゲームが終了したらカードを片付けるが、『幻想郷縁起山』用のカードは混ぜないように注意すること。
これらは一まとめにして、箱に入れておく。

参加プレイヤー

※2010/07/12現在

Aクラスプレイヤー

  1. 筆魚(106)
  2. てるる(50)
  3. うのはな(45)
  4. 瑞穂(43)
  5. テトラ(41)
  6. ススギ(40)
  7. 水素(36)
  8. u3(35)
  9. G(32)
  10. ジョニー(32)
  11. winTer(30)
  12. 四葩(28A)
  13. power(16A)
  14. アリス(15A)
  15. 狐(-27A)

Bクラスプレイヤー

  1. kgt(20)
  2. 梅(17)
  3. い~る(16)
  4. 水原(13)
  5. 歯痛(11)

Cクラスプレイヤー


意見要望欄

このページに関する意見要望は、こちらまで。
名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



リンク



カウンター


  • total -
  • today -
  • yesterday -

人気のページ



更新履歴


取得中です。