密室


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

428 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/09/14(日) 21:24:42.71 ID:4x1s8560
【密室】

戦隊基地内エレベーター前

赤「あ!青さん!俺も乗ります!!」

青「・・・なら早く乗れ」

赤「すいません、お邪魔します・・・」

うぃぃん

赤「青さん、今日は遅いんですね。レポートの作成でも手間取ったんですか?」

青「・・・・・・(訓練で遅くなったら赤とはちあわせとは・・・うれしい誤算だが何を話せばいいんだ?)」

赤「・・・・・・あ!それとも訓練ですか?」

青「・・・・・・(ふ、二人きりだと思うと緊張してきた・・・ど、どうする?・・・深呼吸・・・いや気づかれる・・・あ、あぁ・・・顔があつくなってきた・・・まずい)」

赤「・・・・・・(・・・すごく気まずい)」

青「・・・・・・(そうだ!こういうときは素数を数えればいいとなにかでよんd・・・)」

ガグンッ・・・プッ

赤&青「!」

赤「まっくらだ・・・停電ですかね、青さん?」

青「・・・・・・」ぶるぶる

赤「・・・・・・青さんー?(・・・シカト・・・)」涙

青「・・・だ、だめ・・・んだ・・・」ぼそっ

赤「・・・え?」

青「く、暗いのはだ、だめなんだ!!」バタバタ

赤「ちょ・・・青さん落ち着いて!!エレベータ内ですよここ!!(まずい落ち着かせないと・・・たしかこの辺から音が)」ぐいっ

青「・・・!・・・赤!!貴様!!どこを触って・・・」

赤「あ、暴れないでください!!じっとしてればじきに回復しますから・・・!!(・・・いいにおいだ・・・それにやわらかい)」

青「・・・・・・・(ど、どうしよう・・・抱きしめられている・・・う、うごけない・・・でも・・・不思議だ・・・こうしてると安心する)」

赤「・・・落ち着きましたか?きっとすぐ回復しますよ」スッ・・・

429 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/09/14(日) 21:25:24.67 ID:4x1s8560

青「!・・・ま、まってくれ!!」

赤「?」

青「で、電気がつくまで・・・こうしててくれない・・・か・・・?」

赤「え?」

青「そ、その・・・安心するんだ・・・」

赤「い、いや・・・俺でいいなら・・・はい・・・////」

青「す、すまない・・・////」

赤「・・・い、いえ・・・」

五分後・・・ぱちっ・・・うぃぃん

赤「あ、回復したみたいですね」

青「!・・・いつまで抱きついている!!!」

赤「す、すいません(・・・じぶんでこうしてくれって言ったのに)

青「・・・・・・ありがとう・・・」ぼそ

赤「?なにかいいました?」

青「な、なんでもない・・・!!電気会社への文句を言っただけだ!!!」

赤「す、すいません!!!」

青「・・・・・・・」

チンッ

青「このことをほかのメンバーにもらしたら・・・貴様の額に風穴を開けてやるからな!肝に銘じておけッ!!」クルッ・・・すたすた

赤「は、はい!!!(顔真っ赤にして怒ってる・・・マジこぇぇええええ!!!)」

青「・・・・・・・(あんな醜態をさらしてしまうとは・・・!!・・・でもさっきは・・・ふふふっ)」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。