社員旅行・組織編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


521 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/09/17(水) 18:30:15.54 ID:HSuqyaA0
【社員旅行】 組織編>>483の午後

秘密基地ロビー

雑魚1「あーあ・・・せっかく気合を入れてったのに拍子抜けなんだぜ・・・」

雑魚2「いーから早く麻雀やろうぜ!!」

怪人「ふふ・・・負けぬよ?」

雑魚1「上等!!かかってくるんだぜ!!なぁ兄弟!!」

雑魚2「おうよ!!俺たちの力見せてやるぜ!!」

男幹部「コンビ打ちは禁止ですよ?」ちろっ

雑魚1&2「「えー・・・」」

秘密基地 キッチン 

女幹部「・・・ふぅ・・・(赤さんいませんでした・・・どこに行ってしまったんでしょうか・・・まさか・・・やめた!?いえ・・・赤さんに限ってそんなことは・・・)」

首領「おんなかんぶー?どうしたのー?げんきないの?」

女幹部「これは首領・・・なんでもありません・・・どうしてここに?」

首領「しゅりょうねー、おんなかんぶのおてつだいしにきたの!」にぱー

女幹部「ふふっ・・・ありがとうございます。ではこれをお願いできますか?」

首領「うん!」

ロビー

怪人「きた・・・!」

雑魚1「なにがだぜ?」

怪人「国士無双!!!!!」

男幹部&雑魚1&2「なっ!?」がたっ

怪人「むはは・・・これが実力というもn・・・」

女幹部『クッキーと紅茶がはいりましたよー』

麻雀組「「「「わぁい♪」」」」

そんな一日・・・ 

526 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/09/17(水) 20:55:50.78 ID:HSuqyaA0
【社員旅行】 おみやげ編①

戦隊基地 翌日 赤自室

赤「ふぁあ・・・・あーよく寝た・・・っても朝ご飯の準備しなくちゃな・・・」

赤「・・・そうだ!あいつらにおみやげも渡さないとな・・・えーと今日の予定だと・・・」

赤「うん・・・午後が空いてるな・・・よし!今日行ってみるか・・・!」

秘密基地前 午後2時

赤「こんちわー」ぴんぽーん

雑魚1「はいはい・・・ん?赤よくきたんだぜ!!さ、あがってくれ!」

赤「あぁ、お邪魔する」

雑魚1「お邪魔なんかじゃないぜ!遠慮すんなよ!友達だぜ?」

赤「すまん、そういってもらえるとうれしいぜ・・・」

雑魚2「遅いぜ?なにやって・・・お?・・・赤じゃないか!早く入るんだぜ」

赤「・・・うん・・・」

秘密基地 ロビー

男幹部「おぉ・・・赤さんいらっしゃい!!(いつみてもぷりちーなお尻だ・・・)

女幹部「あ・・・あ、赤さん・・・ゆっくりしていってくださいね!(赤さんがきてくれた・・・うれしい・・・)

赤「こんにちは・・・ご無沙汰してます・・・これ社員旅行でのおみやげです・・・」つまんじゅう

男幹部「これはこれは・・・わざわざすみませんね・・・(ちょっと照れる赤さん・・・可憐だ)

女幹部「あ・・・いまお茶入れますね・・・(高いお茶は・・・どこにあったかしら・・・)」パタパタ・・・

赤「いえ、お構いなく・・・行っちゃった・・・」

男幹部「さ、こちらへ・・・(・・・このままベッドルームへと行きたいところですが・・)」

赤「はい・・・」

527 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/09/17(水) 20:57:45.00 ID:HSuqyaA0
【社員旅行】 おみやげ編②

秘密基地 客間

雑魚1「へぇー、社員旅行なんていってたの?・・・俺らも行きたくなってきたんだぜ!なぁ兄弟!!

雑魚2「おうよ!!・・・しかし社員旅行なんてよくいけたな・・・確かまえは置いていかれただろ・・・?」

赤「ああ・・・なんでも『アルバイト』を雇ったらしい・・・」

怪人「ああ・・・あの偽者・・・あいつらがアルバイトの・・・」

赤「しってるの?」

女幹部「昨日戦隊基地に行ったんですよ・・・はい赤さんのお茶です・・・」コトッ

赤「え?」

怪人「そいつらだったから帰ってきたのだ」

雑魚1「そんで麻雀やってたんだぜ!」

雑魚2「怪人の1人勝ちだったんだぜ・・・コンビ打ちができればと思わずにはいられないんだぜ・・・!!」

赤「(なんて間の悪い・・・・)・・・なんかすいません・・・サボったみたいで・・・」

男幹部「・・・・(・・・しかしへこんだ赤さんもかわいいですね・・・ちゅっちゅしたいくらいです)」ずず・・・

女幹部「赤さんが気にすることではありませんよ・・・それに社員旅行はみんなで行かないと・・・のけ者なんてかわいそうです」

赤「で、でも・・・」

雑魚1「シャラップ!もう過ぎたことなんだぜ・・・そんなことより旅行の話を聞かせてほしいぜ」

雑魚2「こっちの社員旅行の参考にするんだぜ!」

赤「・・・すまん」

怪人「おいおい・・・気にするなっていってるだろ?さ、旅行の話を聞かせてくれ」

赤「うん・・・それじゃあ話すぜ・・・マイクロバスでの話なんだけど黄と黒が・・・」

528 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/09/17(水) 21:00:07.88 ID:HSuqyaA0
【社員旅行】 おみやげ編③

雑魚1「おいおい・・・マジでか?そんでお前がジュースおごったのか?」

赤「あぁ・・・桃の天然水はついに見つからなくてな・・・ピーチティーで許してもらった・・・」

女幹部「そんな・・・赤さんは2位だったのに・・・(あの腐れピーチですか・・・!いつか必ず報いを・・・!)」

男幹部「・・・・・(あぁ・・・赤さんが話すたびに濡れたくちびるが・・・僕を・・・誘っている・・・)」ずず・・・

赤「いえ・・・いつものことなんで・・・でも卓球楽しかったですよ」

雑魚2「赤は強い子なんだぜ!だけど無理はよくないぜ?無理する前に相談するんだぜ!」

赤「ああ・・・そうする」

??『ただいまー!』

女幹部「あら?首領が帰ってきたみたいです・・・ちょっと失礼しますね・・・赤さんをみたらすごく喜びますよ?」パタパタ

赤「あ、はい・・・」

首領「あかさんきてるの?どこー?」ててて

赤「こんにちは首領ちゃん・・・お邪魔しt・・・」

首領「あかさーん!!」飛びつき

赤「うわっ・・・おっとっと・・・」

男幹部「・・・・・・(なんのしがらみもなく赤さんに抱きつける首領がうらやましい・・・)」ずずっ

雑魚1「赤はなつかれてるなー・・・うらやましいぜ!」

首領「ざこいちはたばこくさくてや!」

雑魚2「まずは禁煙からってことだな・・・」

雑魚1「これは究極の選択なんだぜ・・・どうする?・・・どうするんだぜ・・・俺・・・」

女幹部「みんな揃ったところで赤さんからのおみやげを開けましょうか・・・」にこ

全員「「「「「「わぁい♪」」」」」」

529 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/09/17(水) 21:01:59.26 ID:HSuqyaA0
【社員旅行】 おみやげ編④ これで終わり!

女幹部「これは・・・おまんじゅうですね・・・とてもおいしそうです」にこっ

首領「しゅりょうおまんじゅうすきー!」

赤「ほんとはひも引っ張ると蒸気がでてホクホクになるやつにしたかったんですが・・・予算の関係で・・・」

男幹部「十分ですよ。おみやげにこめられた気持ちで十分です(・・・蒸気・・・機関車?・・・ピストン・・・ピストン!?・・・これは・・・たまりません!!!」じゅるり

雑魚1「そうなんだぜ!さっそく食べようぜ!なぁ兄弟!!」

雑魚2「おうよ!!もう待ちきれないぜ!!」

全員「「「「「いただきます!」」」」」

      • しばし雑談・・・

赤「あっ!もうこんな時間だ・・・そろそろ帰りますね・・・」

女幹部「もう帰ってしまうんですか・・・もう少しくらい・・・」

首領「まだあかさんとはなしたいー」

赤「いえ・・・仕事(主に家事仕事とパシリ)のほうががけっこうありまして・・・」

雑魚1「残念だぜ・・・またくるんだぜ!」

雑魚2「今度は麻雀でもしようぜ!!」

怪人「おまんじゅう・・・うまかったぞ」

赤「・・・ああ、また来るよ!」

秘密基地前

赤「・・・・・・(今日は楽しかったな・・・よし!!またがんばるか!!)

戦隊基地ロビー

青「赤・・・コーヒー」

赤「はい!いま入れます!」

桃「赤ぁ!」

赤「はい!スイーツですね、今買ってきます!」

緑「・・・・・・(何があったんだろう・・・・)」

530 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/09/17(水) 21:23:03.22 ID:HSuqyaA0
【赤ってつおいの?どうなの?】 俺のイメージでは赤はつおい

戦隊基地ロビー

黄「・・・・ふぅ・・・・」どさっ

青「・・・ん?黄か・・・いつものスパーリングか?」

黄「うん、そうだよ!いまシャワー浴びてきたとこ」

青「いつか聞こうと思っていたんだが・・・黄はいつも赤とスパーリングをしているだろう?」

黄「え?うん・・・」

青「同じ近接戦闘なら桃もいるじゃないか・・・なのにどうして赤なんだ?」

黄「ああ・・・それは赤のほうが強いからだよ。戦闘のタイプが似てるってのもあるけど・・・」

青「なに?・・・とてもそうは見えんのだが・・・」

黄「あはは!だよね?赤は普通の戦闘じゃあんまり活躍しないもんね!」

黄「赤はガタイがあるからパワーがあるし、スピードだってけっこうあるんだよ・・・なによりタフだしね。赤の武器がタオルじゃなくて、もう少し思い切りの良さがあれば多分僕じゃ適わないよ」

青「・・・冗談だろう?黄が適わないとは・・・信じられん・・・」

黄「まぁ、スパーリングじゃ僕の全勝だけどね!」

青「ふぅーむ・・・」

黄「今度見に来てみる?」

青「・・・考えておくとしよう・・・」

赤「青さんコーヒー入れてきました・・・」カチャ

青「・・・・・・・」じー

赤「・・・青さん?」

黄「僕の牛乳はー?」

赤「ちょっとまってろ・・・今とってくるから・・・」タタッ

黄「お願いねー!」

赤「おう!」

青「・・・・・・・」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。