金3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

72 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 20:50:59.31 ID:UAIgzUko
赤「………んぅ…」モゾ

赤「………んーーー」モゾモゾ

赤「………」チラ

時計「6:33」カッチカッチ

赤(……起きるか…)モゾモゾ


73 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 20:53:06.45 ID:UAIgzUko
赤「ふぁぁ…」

赤「黄はもう起きて朝のトレーニングに行ったかな…帰って来る時には朝ごはん作っとかなきゃ…ん?」

赤「……いいにおい」スンスン

赤「・・・台所に誰かいる…?」トットット


74 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 20:56:45.95 ID:UAIgzUko
赤「…金さん?」

金「赤か、なんじゃもっと寝ておってよかったのじゃぞ?」トントン

赤「いや、そんなことより何でここに…というより何で朝ごはん作っているんですか!?」

金「…?わしが料理をするのがそんなに不服かの?」

赤「いや、結構ですけどいきなりでしたからびっくりしますよ」

金「ふふ、わしもたまには料理をしたくなるものなのじゃ」グツグツ

赤(金さんって料理できたんだ…)

金「…お主はまだこの時間なのじゃな」

赤「…え?」


75 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 21:01:29.18 ID:UAIgzUko
金「覚えておるか?わしのチームにまだお主がおった時の頃」

赤「・・・忘れませんよ。今でもはっきりと覚えています」

金「お主は皆とのクジに負け、朝食係だったのう」

赤「はは、今となっては、そのクジの全般を俺がやってますけどね」

金「ふふ、それほど必要とされているって事じゃ」

赤「どうでしょう?」

金「・・・お主は最初、料理とは言えぬ物を作ってしまっていたな」

赤「言わないでくださいよ、アレからうまくなったじゃないですか」

金「そうじゃな。結局朝、昼、夜と全部の料理をお主がやっていたな」


76 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 21:08:23.52 ID:UAIgzUko
金「…のう、赤よ」

赤「・・・はい?」

金「今の隊、満足しておるか?」

赤「・・・もちろんですよ。ほっておけない人達ですけど」

金「…ふふ、なら、安心じゃ」

赤「金さん・・・?」

金「ほれ、味噌汁じゃ。試食してくれぬか」

赤「は、はい」ズズ…

赤「…おいしい…」

金「ふふ、自分の作った料理をおいしいと言われると、やはりうれしいものじゃな」ニコ

赤「金さん…」

金「それじゃあ、わしはもう行くかの」

赤「い、行っちゃうんですか?朝ごはんくらい一緒に…」

金「何、もののついでだったのじゃ。小娘たちによろしくな」

赤「金さん!…行っちゃった…お礼言ってないのに…」


77 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 21:12:25.91 ID:UAIgzUko
青「赤、誰かいたのか?」

赤「青!・・・金さんが」

青「こんな朝早くにか?」

赤「あぁ…」

青「?・・・まあいい、朝食にするぞ」

赤「あ、あぁ、わかった」

赤(金さんって、あんなに綺麗な顔してたんだ)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。