黄18


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

936 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage] 投稿日:2009/11/19(木) 07:14:41.23 ID:C6mXKLI0
日曜日の朝。
いつもより、少しだけ静かなこの時間に。
赤と青が二人、ダイニングでくつろいでいた。

青「赤。悪いが、コーヒーを煎れてくれないか?」

赤「えぇ、いいですよ」

いつものように青がコーヒーを頼む。
あまりに慣れすぎた頼み事に、赤の対応は従順なものだった。

黄「ふぁ…、おはよー」

青「おはよう、黄。珍しく眠たそうだな?」

黄「んぅ~…、昨日ちょっと遅かったから…」

青「何だ?書類の整理でもしていたのか?」

黄「そんなとこかなぁ…」

青「黄も一人で報告書が書けるようになったか。感心、感心」

黄(ホントは赤に手伝ってもらったんだけどね…)
黄「ねぇ、赤は~?」

青「コーヒーを煎れてもらっている」

黄「いいなぁ、じゃあ僕はホットミルクねっ!」

赤が居る台所まで聞こえるように声を張る。
きちんと聞こえていたようで、台所から戻ってきた赤は三つのコップを持ってい
た。

赤「お待たせ、と。青がコーヒーで、黄がホットミルクだな?」

青「あぁ、すまないね」

黄「ありがとー、赤!」

937 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/11/19(木) 07:22:59.29 ID:C6mXKLI0
それぞれに配り、自らも席に着く。
ふと、赤のコップの中を見る青。
そこには黒く濁った液体ではなく。
どこまでも白い、牛乳が鎮座していた。

青「赤、君もホットミルクなのか…?」

赤「えっ…?あぁ、はい」
赤「黄に頼まれたときに、自分もたまにはいいかな、って思って」

黄「えへへ♪お揃いだねっ」

青(イラッ…)
青「チッ…」

黄「ニヤリ…」

赤(今、舌打ちされた…?)
赤「あ、あの~…、どうかしました?」

青「何でもない…!よくそんなお子様の飲みものが飲めるな、と思っただけだ」

赤「はぁ、すいません…」
(ホットミルクだけでひどい言われようだ、とりあえず謝っとこう…)

黄「むっ、…それは僕が子供っぽいってこと?」

青「…別に、黄に言ったわけではない」

黄「赤に言ってるんだから、おんなじことじゃん!」

赤「黄…!そんなにムキになるなって」
赤「ほら、青も黄に謝って下さい…」

青「すまない、少し大人気なかったな…」
青「頭を冷やす。部屋に戻るよ」

席を立ち、台所を後にする。
二人の仲が殺伐としていくのを、ただ黙って見ている赤。
背中を流れる冷や汗は、まさに滝のよう。

938 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/11/19(木) 07:28:52.66 ID:C6mXKLI0
赤「黄ー…、頼むから青に突っ掛かるなよ」
赤「俺が後でどんな目に合わされるか…orz」

黄「…だって、青が赤のこと馬鹿にするから…」
黄「僕も腹が立って…」

その台詞を聞いた途端。
赤の顔に微笑みが訪れた。

赤「ありがとな、黄。俺のこと想ってくれるの嬉しいよ」
赤「でもさ、俺は平気だから、大丈夫だから」
赤「だから、二人が喧嘩みたいになるのはやめてくれ」
赤「俺は、みんな仲がいい方がずっと嬉しいよ」

黄「…うん」
黄「ゴメンね、赤」

赤「いいんだよ。さぁ、青のとこに行こう?」

黄「うん!」




ねぇ、赤?
ん~?
…チュ
…!?!?
ホットミルクのお礼♪
なにも今しなくてもいいだろ…



青「人の部屋の前でイチャイチャするのはやめてもらおうか…」カチャ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。