青18


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

746 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 22:33:10.85 ID:5J8d5/oo
赤「ん~~」グィィ

赤「はぁ…」

赤「んーーー?」ポキポキ

カッチカッチカッチ

赤「只今午前1時30分か…今日の目標は午前3時には寝る!」

赤「…とは言っても、夜更かしは腹が減るものなんだよな…」

赤「カップラーメンがまだあったし、つくろっかな」

747 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 22:36:29.59 ID:5J8d5/oo
赤「ん?」

赤(……台所に光…?)

赤(…泥棒…?)コソコソ

赤「………へ?」

青「……」

赤(………青さん…?)

748 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 22:40:03.93 ID:5J8d5/oo
青「……うぬ」

青「…どうしてこう…自分は料理が出来んのだろうな」

青「……桃みたいにもっといい物が出来ればいいんだが」

青「考えても出来るものはおにぎり程度とはな…」

青「……赤に差し入れとして持って行きたかったが」

青「こんな形の崩れたおにぎりは要らないだろうな…」

青「…………はぁ」

赤「いや、十分うれしいですよ」

青「!!!?」

749 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 22:44:17.19 ID:5J8d5/oo
青「あ、赤!?いつからそこに…」

赤「青さんが独り言を始めたあたりからいましたけど」

青「そ…そんな…」カァァァ

赤「青さん、俺はおにぎりでも十分ありがたいですよ」

青「だ、だが…こんなに拙いものでは…」

赤「そんな事ないですよ、青さんの作ったものなら何でも食べます」

青「~~~~!!」カァァァァァ

赤「それに、男として、女の人の料理を食べるっていうのはすごいうれしい事ですし」

青「そ…そうか…?」

赤「ええ、今日もこのおにぎりで徹夜もがんばれそうです♪」

青「それなら……よかった…」ニコ

赤「ええ、ありがとうございます」ニコ

750 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 22:48:35.75 ID:5J8d5/oo
赤「~~♪」モグモグ

赤「あ、中身はから揚げだ。夕飯の残りだな」ゴクン

赤「~~♪」カリカリカリ



赤「ん~~~」グイイ

赤「ふぅ」

カチカチカチカチ

赤「只今午前2時50分。もうちょっとがんばれそうだな」

赤「……たまには徹夜もいいかな、なんてね」

751 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 22:49:28.89 ID:5J8d5/oo
おしまい

徹夜は腹が減るよね!って話
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。