青16


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

444 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/05/14(木) 21:38:35.79 ID:Y3Qi5FMo

午前2時

私はこの時間に目が覚めるようになっていた
自分でも寝た方がいいとは思っている
だが、どうしても起きてしまうのだ

私は気配を消し、そっと扉を開いた
まだ肌寒いその廊下に仄かな光があると私は口を少し緩め、無かったらそのまま部屋に戻っている
今日はその仄かな光は廊下に漏れていた
私は廊下を歩き、その光に向かっていく

そこには、自分の好きな赤い髪の毛がいた

コーヒーをすすりながら、私に気づいた彼は少しばつが悪そうに尋ねてくる

「あ、青さん起しちゃいましたか?」

「いや、私が寝付けなかっただけだ」

「そうですか、よかった。ホットミルクでも入れましょうか?」

「ああ、頼む」

ほっとしたように顔を緩ませ、彼はキッチンに歩いていく
私は彼の隣の席に座ると、湯気を立てているカップに手を伸ばした

これがどうしても止められない

(だって)

そしてカップを元の位置に戻し、彼が戻ってくるのを待った

(おいしいんだもん)

445 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/05/14(木) 21:39:21.27 ID:Y3Qi5FMo
なんかいろいろとおかしい文になってしまったが気にしない
青はかわいい、それだけ!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。