金2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

380 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/05/01(金) 15:09:57.25 ID:O/G0ecco
赤「…あれ?金先輩?」

金「おお、赤か」

赤「何やってるんですか?」

金「最近耳が遠くてのう。耳掃除でもしようかと思ったのじゃがうまくいかんのじゃ」

赤「じゃあ俺がやってあげますよ。耳かき貸してください」

金「悪いのう」

赤「じゃあ膝の上に頭乗せてください」

金「う…うむ」



カリカリ



赤「痛くないですか?」

金「だ…大丈夫じゃ。ひぅ!」

赤「す、すいません!」

金「だ、大丈夫だと言っておろう!構わず続けるのじゃ!」

赤「は、はいぃ!」


381 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/05/01(金) 15:14:13.48 ID:O/G0ecco
5分後…

赤「金先輩、終わりましたよ」

金「うむ、すまないのう」

赤「金先輩…?」

金「あ…赤、もう少しこのままではだめか?」

赤「へ…?あ、い、いいですよ!全然かまいません!」

金「す、すまんのう」



さらに10分後…



金「…zzz」

赤「…寝ちゃった…」

赤「……金先輩もこう見ると本当に女の子なんだよな…」

赤「……はあ…仕事できなくなっちゃうけど、まあいいか」ナデナデ



どうやら俺には文才などないようだ!
ROMに戻ることにするぜ!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。