無題23


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

812 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/01/16(水) 11:04:20.24 ID:oR3K/.AO
青「コーヒー」
黄「カレー」
緑「……実験」
桃「スイーツ(笑)」
赤「…あの、みんな話が…」
青「ん、コーヒーを入れたらな。ついでに買い出しを頼む」
黄「そうだ、カレーの前にトレーニング手伝ってよ」
緑「……新しい薬。早く実験」
桃「新作ケーキなの。数量限定なんだからさっさと買ってきて」
赤「………」

赤「…ふぅ」
男幹部「こんばんは、赤さん。何かお悩みのようですね?」
赤「男幹部さん…いや、そろそろ限界かなって」
男幹部「限界…ですか?」
赤「給料が安いとか、休みが少ないというのに不満は無いんです。別に報酬が欲しくて戦ってる訳では無いので。ただ、仮にもヒーローなのに、毎日雑用、戦闘でも役に立たないというのは…」
男幹部「………」
赤「俺はこんな事のためにヒーローになったんじゃない。俺があの戦隊にいる意味は…無いと思います」
男幹部「でも、赤さんは皆さんに必要とされているでしょう?」
赤「…今のみんなが必要としているのは俺じゃない。都合の良い雑用係です」
男幹部「そんな事は…」
赤「いえ、きっと無意識にそう思ってる。表面上は俺を仲間だと言っているけど、実際はどうだか…」
男幹部「赤さん…」
赤「俺が抜けたほうが、みんなのためになると思います。だから…」
男幹部「引退、という事ですか?」
赤「はい」

813 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/01/16(水) 11:50:27.30 ID:oR3K/.AO
男幹部「引退した後は…どうするんですか?」
赤「幾つか出来そうな仕事を見つけました。ダメだとしても、何とかやっていけますよ。…逃げるみたいで情けないですけど」
男幹部「そうですか。我々の組織に入る気は……無いみたいですね」
赤「彼女達と戦いたくはありませんから。もし引退したら、貴方達と戦う必要も無くなりますね」
男幹部「皆さんはこの事を…」
赤「まだ知りません。それに正直迷ってるんです。子供の頃から夢なのに、こんな所で投げ出すなんて…」
男幹部「赤さん。貴方がどんな選択をするにしろ、後悔するような事はしないで下さい。赤さんが抜けたら、残された人達にどんな影響があるか…考えていない訳ではないでしょう?」
赤「それは分かっています。でも…」
男幹部「あまり急いで答えを出す必要はありませんよ。…少し飲みましょうか?私がおごります」
赤「……はい、ご馳走になります」

814 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/01/16(水) 17:31:25.64 ID:oR3K/.AO
局長「……辞任か」
赤「はい」
局長「君の考えは尊重したいが…保留にさせてもらう」
赤「何故ですか?」
局長「見れば分かる。まだ辞めるべきかどうか決めかねているね?」
赤「………」
局長「…それで、ここを辞めたとしたとして、今後の事は考えているのかね?」
赤「はい、幾つか仕事を見つけました」
局長「そうか。その時は我々も支援する。暫くは、それなりに安定した生活を補償しよう」
赤「ありがとうございます」
局長「なに、平和のために戦ってきた君への当然の報酬だ。今まで支払われてこなかった分も含めてな」
赤「………」
局長「…引退後は監視の目がつくだろう。特に君の場合敵組織との親交が深い。そこは十分理解しておいてくれ」
赤「分かりました」
局長「では、君の意思が明確になったら、正式に辞表を受理する。以上だ」
赤「…はい、失礼します」


局長「…『赤のヒーローランクをBクラスに昇格』、か。これも保留だな」
815 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/01/16(水) 17:41:05.99 ID:EtyaLMAO
局長「赤、黒の武器についてだが」
赤「グルカナイフとクリス(両波刃ナイフ)の二刀流。これだけは譲れません」
局長「ふむ、まさかここで意見を違えるとはな………まだジャマダハルの素晴らしさを分からぬか」
赤「全く分かりたくもありません。彼女に似合うのはこの二本です」
局長「………ならば決着をつけねばな」
赤「いつかこの日が来るとは思ってました」ドン
局長「用意がいいな……ならば早速始めようとするか………」

──────*


赤「ツモ!! メンタンピンチンイツドラドラ三倍満!!」
局長「ぬおぅ!!!!?」
赤「さて局長、これで諦めてくれますね?」
局長「………仕方ない、負けを認めよう」



その頃

黒「わーいハルバード来たー」


終われ





―――――――――――――――
書き手が変わって?続編
814から
824 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/01/16(水) 20:38:16.45 ID:oR3K/.AO
青「局長と話か?」
赤「…青」
青「何だその顔は。クビでも宣告されたのか?」
赤「ちょっとな色々あってな」
青「…チームを、抜けるのか?」
赤「………。まだ分からない。気持ちの整理が出来て無いんだ」
青「…そうか」
赤「………」
青「赤」
赤「…何だ?」
青「その、お前が辞めるという事だな……フッ、この期に及んで建前なんていらないか…」
赤「え?」
青「はっきり言う。赤、お願いだから辞めないで欲しい」
赤「………」
青「ヒーローだからとか、チームの問題だからじゃ無い。赤がいてくれたから私はここまで来れた。赤がいなくなったら私…」
赤「青…」
青「赤、私のそばにいて欲しい。私には…赤が必要なんだ」
赤「………」
青「……すまない。いつも赤の気持ちを考えないで…勝手な事を…」
赤「…いや、そんな…」
青「…私に赤を止める資格なんて無いのにな。でも…これだけは伝えたかった…」
赤「…そっか。もう少し…考えてみるよ」
青「……赤」

827 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/01/16(水) 21:30:21.51 ID:oR3K/.AO
赤「辞めないで欲しいか…」
緑「……赤、丁度良かった」
赤「ゴメン、緑。今、実験は…」
緑「……違う。赤と話がしたい。部屋に来て」
赤「あ、うん」


緑「……はい、どうぞ」
赤「このお茶、薬とか入ってないよな?」
緑「……保証は出来ない」
赤「…ま、まあいいや。それで話って?」
緑「……辞めちゃうの?」
赤「え?何で…」
緑「……局長の所に盗聴器があるから」
赤「…ばれたら洒落にならないぞ」
緑「……大丈夫。証拠は無いから」
赤「そ、そう」
緑「……赤といると、暖かい」
赤「え?」
緑「……分からないけど…落ち着くの。離れたくなくなる」
赤「…そうか」
緑「………」
赤「…緑は止めないんだな」
緑「……それは赤が決める事だから。でも…出来れば赤と一緒にいたい。…離れたくない」
赤「………」





緑「……薬、効かなかった…」
緑「……もう…一緒にいてくれないの…?」

855 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/01/17(木) 12:09:36.71 ID:fv6LHoAO
赤「そろそろ夕飯の…って黄?」
黄「お、赤。今日のご飯は?」
赤「いや、ご飯って、それ…」
黄「僕だってたまには料理もしようかな~って。ほら、しかもカレーじゃないよ」
赤「でもシチューなのか…」
黄「え?赤ってシチュー嫌いだっけ?」
赤「いや、そういう意味じゃなくて…でも結構美味しそうだな」
黄「でしょー。でも赤みたいな味は出せないんだ」
赤「普通に作ってるけどな?」
黄「う~ん、何ていうか、赤が作ると何でも美味しく感じるんだよね」
赤「…そう言って貰えると嬉しいな」
黄「ねえ、赤。最近元気無いけど何かあった?」
赤「…やっぱり分かるか」
黄「当たり前だよ。仲間なんだから」
赤「…俺さ、ここを辞めようかと思ってる。ここに俺がいる意味は無いんじゃないかって」
黄「…そうなんだ」
赤「………」
黄「…僕達の事は気にしなくていいよ」
赤「え?」
黄「赤の好きなようにするのが一番だと思う」
赤「そうか」
黄「…うまく言えないんだけど、僕、ずっと赤の味方だから」
赤「黄…」
黄「赤はすごく大切な人だからね。何かあっても、僕が守ってみせる」
赤「…ヒーローって感じだな」
黄「ヒロインの方がいいけどね」
赤「そうだな」
黄「さて、ご飯にしよう!」
赤「ああ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。