変態シリーズ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

869 :変態シリーズ・青[sage]:2008/01/17(木) 18:06:53.45 ID:l4vlyRQo
青「赤、コーヒーを頼む」
赤「はい、只今」

赤「ほら」コトッ
青「ありがとう」

   サワッ

赤「ひぁっ!」
青「ん?どうした?」
赤「いや、何でもない・・・多分」
青「そうか、ならいいんだが・・・」

   サワッ

赤「ひゃんっ!!」
青「どうした?今日のお前、ちょっとおかしいぞ」
赤(今度は・・・絶対に勘違いじゃない・・・!!)

   サワサワ・・・

赤「!!!ッッ」
青「・・・赤」
赤「な・・・何だ?青」
青「お前の尻、引き締まっているな」
赤「え?それほどでも・・・っておい!」
青「いかにも。さっきから赤の尻を触っていたのは私だ」
赤「何でこんなことするんだ、やめてくれよ!」
青「良いではないか、減るものでもあるまいし」サワッ
赤「や・・・ちょっとやめろよ!つーか普通立場逆だろ」
青「今は男女平等の時代だ」サスリサスリ
赤「そういう問題かよ!!」

874 :変態シリーズ・黄[sage]:2008/01/17(木) 18:35:26.75 ID:l4vlyRQo
黄「って言うわけで、今から1時間の間に一発でも僕に入れられたら赤の勝ち」
赤「珍しいな、お前のほうから殴らせてくれるなんて。よし、手加減はしないぞ」
黄「よっしゃ!それじゃあ始め!!」

赤「くっ!もう少し!もう少しなのにっ!!」
黄「ほらほら、動きに無駄がありすぎ、そんなんじゃ日が暮れても当たらないよっ!」

黄「タイムア~~~~~~~ップ!!残念でしたぁ!!」
赤「はぁっ・・・はぁっ・・・ちくしょ、負けちまったか・・・」
黄「それじゃあ今から5分休憩ね」

黄「ちょっと赤、タオル忘れちゃったから貸してくれない?」
赤「いいけど、今俺が使っている奴しかないぞ」
黄「それでいいから貸して」
赤「まぁいいけど、ほらよ」パサッ

黄(ハァハァ・・・赤の汗、体臭・・・
  あ、ヤバイこれ・・・癖になる・・・)

赤「おーい、さっきから顔しか拭いていないけどそろそろ5分経つぞー?」
黄「あ・・・あと5分・・・ハァハァ・・・」


俺は言いだしっぺの法則を実行しているだけだから

882 :変態シリーズ・桃[sage]:2008/01/17(木) 20:01:31.01 ID:l4vlyRQo
赤「3時間待ったけど結局タオル返してくれなかったな・・・ま、いいか
  ん?ありゃ桃か?何やっているんだあんなところで」
桃「げっ・・・や、やぁ赤、何か用?」
赤「ん?今何か隠したか?」
桃「隠してないよ」
赤「ちゃんと目を見て話せ!」

     バッ

赤「え・・・と、これ俺の歯ブラシだよな」
桃「いや、洗面台に忘れて行ったみたいだから届けてあげようかなって」
赤「みんな洗面台に置きっぱなしにしているだろ」
桃「・・・・・・・・・」
赤「・・・・・・・・・」

赤「なるほど・・・この頃俺の小屋からシャツとかパンツとかメモリーカードとか食器とかが消えているのはお前の仕業か」
桃「め・・・メモリーカードは知らないよ!」
赤「へぇ、じゃあ他のは?」
桃「あ・・・」
赤「返せ、青には内緒にしておいてやるから」
桃「あは、影が薄いのって何だかんだで便利なんだよねー」
赤「はい、ごまかさない」

赤「パンツ5枚にシャツ3枚、髭剃り6本に箸2膳・・・うん、まぁこれで全部だな」
  (それにしても何でこんな微妙なものばっかり盗むんだ、こいつ・・・)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。