無題10


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1レスごとに書き手が変わってます

389 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/01/11(金) 14:57:24.85 ID:Gx/NQoAO
黄「赤、カレーおかわり」
赤「はい、どうぞ…やっぱり二人だけだと静かだな」
黄「ホントだね。でも僕と赤だけっていうのも新鮮でいいよ」
赤「足の具合、大丈夫か?」
黄「心配ないって。ちょっと攻撃がかすっただけだから」
赤「でも、まだ動けないんだろ?」
黄「あーあ、せっかく二人きりなのになー。僕が動ければ、直ぐ赤を襲っちゃうのに」
赤「…お前に襲われたら重傷どころじゃすまないな」
黄「アハハッ、そうだね…赤から襲ってきてもいいよ?」
赤「そんな力も度胸もありません」
黄「情けないなー、男なのに」
赤「黄を襲える力があったら、俺はここにいないって」
黄「そっか。じゃあ、赤は僕より弱いままのでいいね」
赤「へ?」
黄「ん、やっぱり赤のカレー美味しいね」

393 :378[sage]:2008/01/11(金) 17:19:03.70 ID:w.JWgsAO
女「~♪ ~♪」

黄「目標発見!」
青「よし、拉致部隊行け」
緑「…GO」桃「は~い☆」

黄「なぁ、なんで桃も担当なんだ あいつうるさいよ?」
青「だがそれに勝る存在の薄さがある」
黄「…………」

女「はっ、ここどこ!? 確か私…」
ズギューン! 女「ヒッ!」
青「余計なお喋りはしない方がいい」
黄「そうそう、私達はちょっと」
桃「聞きたいことがあるだけ~…」
緑「逆らったら…、 …消す」
女「またぁ!?」

差出人 女
件名 RE:ちょっとどういうこと!?
本文 今度は銃持った青いのとなんか変な薬持ってたのと緑色のと
メリケン使ってる黄色いのと …あと誰だっけ? もういないか
とにかくその3人あんたのことまた尋問されたんだけど!? しかも全員女の子!
あんた正義の味方やってるんっけ?
どっかのテロ組織にでも狙われてんじゃないの!? 今すぐ逃げた方がいいよ!

男「桃がいない以外ウチにピッタリだなぁ…
安価出してる人って近所に住んでるのかなぁ?
…2代目買ったせいでしばらくタダ働きかぁ…俺 死ぬかも…」


次回!
赤と女が宿命の再会! 首領はそこに何を見る!?
赤「なんで、ここに…」
首領「ままー、このひとがねー」
女「私達… まだやり直せるよね?」


もうねぇよorz もし続き書いてくれる人がいれば次回予告無視していいよwwwwwwww 最悪ドリー(ry

396 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/01/11(金) 19:08:58.32 ID:DtpzNU.0
女『>>393のメール内容ってことがあったんだけど、あんたなんか知らないかしら?』
女幹部『あ~・・・よーく知ってますよ~多分説明するより見たほうが早いと思うので
今度見せますね~』
女『ありがとね。それじゃよろしく』プチッ

っ女幹部盗撮の赤を盗撮してるビデオ
青「赤・・・その・・・私が淹れたコーヒーなんだが・・・」
赤「お・・・なかなかうまくなったじゃないか。」
青「そ・・・そうか///そ・・・そのなんだ?また暇なとき見てくれ」
赤「おういいぞ」

黄「赤~!!修行付き合ってくれ」
赤「はいはい」

赤「あ~ギブギブ!!ヘッドロックはやめろよな!!」(胸当ってる・・・)
黄「なんだよ~もうおしまいか~なさけないな~」

緑「・・・・赤」
緑「・・・傷に多分効く薬」あ~ん
赤「うわああああやめろおおおまた毒のませるきk・・・傷がなおったぞおおおお」
赤「ありがとう緑。ありがとうありがとう」なでなで
緑「・・・・嬉しい」(ポッ)///

女「へぇ~~なかなか楽しいヒーローライフ満喫してるじゃない・・・」
赤「お、またあいつからメール来た。最近よく来るな~」

差出人 女
件名  ^^^^^
本文  さっさとくたばれ!このハーレム野郎!!

赤「???・・・安価で知り合いを突然罵倒するってスレでもたてたのかな?」

おまけ1
桃「なんで私と赤のスキンシップが写ってないんだよwwwwwwwwwwwwwwwwww」
おまけ2
女「女幹部、あの馬鹿を一発殴らないと気がすまないから戦闘スーツ借りていいかしら」
女幹部「はい。いいですよ~」
女幹部(わたしし~らないっと♪)

女(雑魚スーツ着用)「この馬鹿やろおおおおおお」
雑魚A「こ・・・この技は・・・・」
雑魚B「シャ・・・シャイニングウィザード!?]
赤「ぐはっ!!」
怪人「あ・・・赤のやつ吹っ飛んだぞ」
首「おんなかんぶ~なんでままがいるの?」
女幹部「会社で上司にセクハラされてストレスたまってるから発散したいみたいですよ」
首「ふ~ん。ままもたいへんさん。あ・・・おんなかんぶおうてひしゃどりだよ」
女幹部「あ・・・しまった・・・」

403 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/01/11(金) 20:43:53.28 ID:w.JWgsAO
396 引き受けた!

赤「イテテ… 今日の戦闘員、やたら強いのがいたな~
まだ傷が痛む…」
女幹部「あら、赤さんお買い物?
随分傷だらけですけど…」
赤「あぁ、女幹部さん
まぁこれも仕事みたいなもんですから」
女幹部「あの、よくウチで使ってる傷薬がありますけど
よかったら貰って下さい」
赤「え、いいんですか!? ありがたく頂きます!
買い物中でも非常時に備えてるだなんて流石だなぁ」
女幹部「そんな大げさですよぅ!
(加減しろと思ってたが思わぬフラグゲット! 女GJ!) あ、でもそれ仲間やこっちの組織の人には内緒ですよ♪」
赤「そうですね…
敵からの贈り物なんて取り上げられるかも知れませんね」


赤「とは言え誰かに話したくなるのが人の業
関係ない人には言っても構わんだろ
そうだ! 最近メールくれるし返事を兼ねて…」



差出人 赤
件名 忠告ありがとう
本文 タイトル通りありがとうな
迷惑かけたのは本当にごめんなさい!
会う機会が詫びに何か奢るよ

でも、悪い今の仕事気に入ってるんだ
ガキの頃からの夢だしな…
まだあの時のカッコイいヒーローにはなれてないけど(汗
それに仲間達はもちろん、変な話だけど敵の組織の人たちも俺の大切な人なんだ
変だよな? 敵戦隊のレッドに傷薬くれる幹部がいるんだよ(笑

今度怪しい気配感じたら教えてくれよ
ヒーローらしく護ってやるよ(笑



女「(なるほど、さて女幹部からお灸を据えないとね)
ご飯がおいしいわー」
女幹部「そ、そうですか?
ありがとうございます(なんだろう、恐い)」
首領「ごちそうさまー」
女「だめよ、まだカボチャが残ってるわよ
好き嫌いは変わってないのね…」
首領「ふぇ… だって…」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。