無題8 


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

351 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/01/10(木) 22:00:52.65 ID:1HGYK2AO
ジャン○の最終回っぽい終わりかた



15年後そこには美しく成長したロリ首領の姿があった。

首「久しぶりだね。みんな」

首「あたし大きくなったでしょ。あれから15年もたったんだから当たり前だよ」

首「結局あたし一人になっちゃったけどやっと世界征服したよ・・・でもまだまだかな?まだみんなが笑って暮らせる世界じゃないから」

首「みんなが笑って暮らせる世界を作るのにはまだまだ時間かかりそうだけどあたし頑張るね」

首「あたし負けないよ。だってあたしは・・・

首「だってあたしはあくのしゅりょーだもん♪」



ご愛読ありがとうごさいました!
白先生の次回作をお楽しみに!

352 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/01/10(木) 22:57:05.83 ID:xdNb8R.o
赤「はあはあ・・・なんとか倒した」
怪人「ククク・・俺を倒しても第二第三の怪人が・・・・・」
赤「何!?これが序章だと言うのか・・・」

???1「あいつが敗れたか・・・」
???2「まあ所詮あいつは出来損ない」
???3「いくらでも変えはきく」

つかの間の平和を取り戻した赤達、しかし大いなる闇は着実に忍び寄ってきた!

首領「まだのぼりはじめたばかりです、このながいせかいせいふくのみちを」
女幹部「スマートに行きましょう」

雑魚「せいぜい踊れ、最後は俺がすべていただく」

金「私ももう長くはないか・・・ならばせめて・・・」

青「今回の戦いは勝利しました、しかし次はどうなるかわかりません」
黄「そうだね、もっと鍛えておかないと」
緑「次にやられるのは私たちかもしれない」
桃「・・・(え、私台詞なし!?)」
黒「みかんうめえwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

赤「俺たちの戦いはこれからだ!!」

ご愛読ありがとうございました!
虹先生の次回作にご期待ください!

356 :俺も打ち切り風に書いてみた[sage]:2008/01/10(木) 23:36:32.38 ID:zintV6Qo
赤「チクショオオオオ!くらえ幹部1!新必殺タオルはたき!」
男幹部「さあ来い赤アアア!実は私は一回はたかれただけで死ぬぞオオオ!」
(ペチ)
男「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王の幹部1が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(┣¨┣¨┣¨┣¨ド)
幹部1「グアアアア」

2「幹部1がやられたようだな…」
3「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
4「人間ごときに負けるとは怪人の面汚しよ…」

赤「くらええええ!」
(ペチ)
3人「グアアアアアアア」
赤「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで首領のいる首領城の扉が開かれる!!」

首領「よくきたねー あかー まってたよー」
(ギイイイイイイ)
赤「こ…ここが首領城だったのか…!感じる…首領の魔翌力を…」
首領「あか、せかいをへいわにするのにわたしたちをたおさなければいいとおもっているようだけど、べつにたおさなくてもへいわにできるよー」
赤「な 何だって!?」
首領「そして、せかいじゅうのあくのそしきはもうぜんぶかいめつさせたよ、あとはふたりでしあわせにくらすだけだねー」
(ゴゴゴゴ)
赤「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに4人の仲間がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
首領「そっか」
赤「ウオオオいくぞオオオ!」
首領「きてっ! あかっ!」
赤の勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。