無題3 


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

87 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/01/07(月) 20:42:59.67 ID:UmoH7Tko
━ビルの屋上


黒「ふう・・・俺が仕事(ヒーロー)やめてもう一ヶ月か・・・」
黒「アレが会社40件まわって最後の仕事だったんだよな・・・」
黒「俺みたいな人間が社会で一人がんばろうってのが舐めてたのかな・・・?」
黒「もうやっぱり・・・」

━黒が手すりに手をかけると

首「なにしてるんですかー?」

89 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/01/07(月) 20:57:33.11 ID:UmoH7Tko
首「なにしてるんですかー?」

黒「!?」
黒「お嬢ちゃん確か君は組織の・・・!」

首「そんなことはーどうでもいいのですー」
首「くろさんは何をしてるんですかー?」

黒「もう仕事やめて・・・遊びすぎちゃってお金ないから自殺でもってね・・・」

首「そうなんですかー・・・?」
首「じゃあしごとがあればいいんですよねー

黒「それは・・・まあ」

首「うちのそしきにきませんかー?」

91 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/01/07(月) 20:58:12.75 ID:UmoH7Tko
黒「へ・・・?」

首「うん!けっていでーすー!」

黒「でえええ・・・!?」

首「じゃあですねー・・・」

━腕の装置を操作し通信開始

雑魚A「はいもしもし・・・って首領ですか?」
雑魚A「どこ行ってるんですかいって・・・」
雑魚A「女首領さんごはんの時間なのにいないって探してましたよ?」

首「ごめんなさいですー」
首「それはそうとごはんはおひとりさまついかですー」

雑魚A「へ・・・? あ、そういうことですか」
雑魚A「分かりました伝えてます」

92 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/01/07(月) 21:00:19.96 ID:UmoH7Tko
首「あでぃおすですうー」

━通信をきる


首「ではついてくるですー」

黒「・・・ちょっとま・・・いや」
黒「(・・・いっても無駄そうだなら・・・)」
黒「分かったよお嬢ちゃん・・・」








それが後の戦闘員Eである
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。