青8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

364 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/01/11(金) 00:55:27.30 ID:Hp9/wlE0
厨二臭い会話

赤「なぁ、青」
青「どうした」
赤「俺達って・・・正義のヒーローだよな?」
青「違うな、ヒーローとは、大量の他者から賞賛され、尊敬され
  認められるもの、だろう?ならば私達はヒーローではない」
赤「けど、俺達は悪の組織と戦っているじゃないか」
青「悪か、私達の常識で考える悪といえば、横領する官僚
  周りに一方的に暴力を振るうもの、周りに総じて害を与えるものだな
  それらと戦っているのがヒーローというならば、警察官達はみんなヒーローだな」
赤「・・・・・違う」
青「だな、君の描くヒーロー像とはこうだろう
  強大な悪の組織に立ち向かい、どんな困難も押しのけて
  弱いものを救い、戦うもの、といったところかな」
赤「・・・・・」
青「だがな、赤、この世には強大な悪なんて存在しない
  今私達が戦っている組織も、ただの方向性の間違った偽善者の集まりにすぎない」
青「私が最初に言った、他者に認められるものでも、私達には達成することはできない
  何故なら他者から見た私達はただの化け物の集団だからだ
  他者から見れば私達はただの気味の悪いだけだろう」
青「いい加減・・・そこら辺にある陳腐なヒーロー像なんて諦めて
  ただの、この組織の、私達の赤、というだけで満足してくれないか?
  君のその異常なまでのヒーローへの執着はいずれ君を不幸にしてしまうかもしれない」
赤「・・・・・・」
青「・・・・・ずっと私達の赤でいてくれないか?」
赤「・・・・・zzzzzz」
青「・・・・・・・・・・・・・・」


赤「青と話をしていて途中で寝ちゃったら
  何故か一週間ずっとゴム弾を撃ち続けられました・・・」
首領「いたいのいたいのとんでいけー」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。