桃9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

923 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2008/01/20(日) 01:03:23.31 ID:JXATBlE0
桃「(何で、また空気だなんて言うのよ緑の奴。せっかく忘れかけてきたっていうのに。
  どうして?どうしてよ…)」
赤「(ん?あのブツブツ独り言を言ってるのは桃か。またぞろ何かあったのか?)
  お~い、どうした桃。何か嫌なことでもあったのか?」
桃「え?あ!いいところに来たわね赤。今からちょっと私に付き合いなさい。」
赤「いや、俺は今から飯作らないといけないんだけど…」
桃「うるさいわね、飯を作るのと私と既成事実つくるの、どっちが大事なのよ?」
赤「!いや、そりゃあ…って、いきなり何言ってるんだお前は!」
桃「む~、何よ、赤は私となんかじゃ関係を持ちたくないって言うの?」
赤「違うって、何でそんな話になってるのかって聞いてるんだよ。」
桃「…七原色よ。」
赤「……は?」
桃「緑の奴が言ったのよ。お前は赤や青、それに黄とか緑と違って
  虹の七原色に入ってないって…それだけ…影の薄い存在なんだって。だから…私は…」
赤「あ~、わかったわかった。だから泣くな桃。
  緑の奴が何か言って、それがお前のトラウマにヒットしたと、そういうことだな。
  でもな、だからって、ヤケになって自分のことを安売りしちゃいかんと思うぞ。」
桃「そんなことない!私は…そんなつもりで言ったんじゃない!」
赤「そ、そうか。でもな桃…」
桃「なによ!…どうせ、赤だって心の中じゃ思ってるんでしょ。
  私なんか空気だって、いてもいなくても同じだって…」
赤「違う!それは違うぞ桃。いいか俺はな…」
桃「うるさい!赤の話なんか聞きたくない!」
赤「ッ!桃、待て!」
桃「はなしてよ!触らないで!」
赤「いい加減にしろ!いいか桃、俺はなお前を必要だと思ってる。空気だなんて思ってないぞ。」
桃「…本当?本当に必要だと思ってくれてるの?仲間だから、とかじゃなくて?」
赤「あたりまえだろ。俺はお前にいて欲しいと思ってるよ。
  それとも、こんなおっさんの言うことは信じられないか?」
桃「そ、そんなことない!そんなこと…ないよ。でも…本当に、いいの?」
赤「何が?」
桃「え、そっその、赤の…お…お嫁……さん。」
赤「えっ、あ、あ~、そのなんていうか~、そのなぁ。」
桃「(じ~)」
赤「…え、えっと…彼女からでいいか?あの、心の準備っていうのか、そういうのがあるからさ。」
桃「……(コクッ)」
赤「そ、そうか、じゃ、じゃあ食堂行ってココアでも飲むか?泣いたりして、疲れたろ?」
桃「…赤の部屋で…飲みたい。」
赤「あ、いやでも、散らかってて汚いぞ?」
桃「…いい。」
赤「そうか、じゃあ淹れてくるから、先に行っててくれるか?」
桃「…うん。はやく来てね。」
赤「わかった。熱々のを淹れてくるよ。」
桃「ふふ、私ねこじただよ。」
赤「わかってるよ、冗談だ。…それじゃあ、ちゃんと待っててくれよ?」
桃「うん!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。