男幹部√??


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

102 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/01/26(土) 21:40:23.01 ID:0B46Rpw0
「男幹部√??」

「おはようございます、赤さん」
「おはよう、男幹部さん」
狭い部屋で起床すると、一緒に昨日遅くまで飲んでいた男幹部はもう既に起きていた
薄っぺらい毛布を跳ね除けて起き上がると
足の裏にこまごました物がざらざらした感覚を送ってくる
「はぁ、昨日の片づけしないとな」
「えぇ早くしないと出勤に間に合いませんからね」
俺は転がってる酒の瓶やら缶やらを拾う
「資源ごみはいつでしたっけ?」
「水曜だから結構先かな」
「じゃあうちの組織のほうが早いですね、持って行ってしまいましょうか」
「あぁ、いいですよ別に俺の部屋のごみだし」
「半分は私が出したものですから、気にしないでください」
にこっと笑う男幹部
「じゃあ...頼みます」
「任されました」
ゴミ袋をギュッと縛って肩に担ぐ男幹部
俺は他のごみをまとめる、可燃ごみは明日だからすぐだせるので置いておく
「じゃあ今日も一日、お互い頑張りましょう」
「そうですね」
グッとこぶしをぶつけて正反対の方向へ歩く

今日もまがりなりにもヒーローとして頑張りますか
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。