無題1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

27:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/01/22(火) 17:21:34.85 ID:2.DPom20
物心ついた時にはもうそれが日常になっていた
朝は毎日決まった時間に起きる、起きると大体は食事を出される
食事の内容は日によって違った、日によっては何も食事を出されない日もあった
ちなみに食事を残さず食べなければミキサーで砕いた流動食のようなものを
チューブで胃の中に無理やり押し込められるので毎回残さず食べた
食事が終わり、しばらくすると血を採られたり色々検査される
一週間に一度は、血だけではなく皮や鼻と目の粘膜も少し取られたりした
検査が終わると、一般常識を教えられる
ここから出たことがなかったので、知識としてだけ一般常識を学んだ
それも終わると、次に施設の人間とは明らかに違う異形と閉じ込められる
この異形は鳥のような格好をしていたり、狼のようだったりと様々だった
基本的には一ヶ月くらいで、別のタイプの異形に変わった
異形達は知性がないのか私を見るとすぐに襲い掛かってきた
襲い掛かってきた異形は大体は全力で20回ほど殴ると大概おとなしくなった
一番難儀した異形は亀の形をしたもので、甲羅を砕く頃には私の指の骨が砕けていた
ごく稀に理性をもった異形もいた、そういった異形に
「なんで いぎょうさんたちは そんなかっこうをしているの?」
と聞くと、「俺は異形じゃねぇ、怪人だ、これはファッションみたいなもんさ
どうだお壌ちゃん、格好いいだろ?」
と言ったり「私もなりたくてこうなったんじゃないのよ・・・もう死にたい・・・」
と言う異形がいたりで理性を持っている異形も様々だった
理性を持った異形の場合は戦わなくて済むので楽だった
異形との戦いが終わると、牢屋のような部屋に戻らされ、寝た
その繰り返しの日常だった

28 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2008/01/22(火) 17:22:07.05 ID:2.DPom20
ある日、異形と戦った体を休めるために部屋で熟睡していると
部屋の中に髭を生やした変な男が入り込んできた
男曰く「俺は悪の超絶大首領、お前を悪の組織にスカウトしにきたのさ」と言った


女幹部「で、どうなされたんですか?」
首領「んー、ことわったよー、こんな変態あいてにしてられるかー
   って、おもったしねー」
女幹部「あー、やっぱり最初はそう思いますよねぇ、あの人
    けど、断ったんだったらなんで今ここで首領やってるんですか?」
首領「いきなり後頭部をぶんなぐられて
   きぜつしてるあいだにらちされたのー」
女幹部「はぁ・・・あの人も強引ですねぇ・・・
    私はもっと普通にスカウトされたんですけど」
首領「どんなふうにー?」
女幹部「所属してた組織がどっかのヒーローに潰されまして・・・
    どうしようかな、と思ってたところにあの人が」
首領「あのごくつぶしにつかまっちゃったんだねー」



青「嗚呼・・・暇だ暇すぎる
  どっかに悪行を働く、私を満足させてくれる悪の組織は出ないものか」
赤「ヒーローが悪の出現を望むなよ!?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。