※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

My song


作詞・作曲 小川洋平

毎晩素敵な嘘で君をだました
まるで階段・・・螺旋状な世界をふたり廻った
ありえない愛の言葉を君は好んだ 
情けない僕のことさえ認め包んでくれた

確かめたい気持ちが僕の奥でぐるぐる回って
今にも消えそうで・・・仕方ないよね?

そんなの嫌だと君は泣いた 僕の想いも揺らいでしまいそうな
細く小さな声で・・・僕だけを見てくれる大切な人だったのに
言い訳にもならない嘘で 別れを告げた僕はきっと
自分を守ることしかできなくて 
でもたぶんそれが一番素直な僕だったんだ

確かに好きだった 全ての夜が嘘だったわけじゃない
ただ愛に変わることはなかった

背の低い君は誰より 僕の想いに入り込めたんだ
甘く小さな声で・・・忍び寄るんだ 冷たく滲んだ僕の心に
僕は忘れてしまうんだろうか いっそ消えてしまいたいよ
もどらない時よ もう僕を忘れ去ってくれればいい

毎晩素敵な嘘で君をだました 
まるで階段・・・螺旋状な世界はもうやめた