※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カプチーノ

作詞 米本善行  作曲 小川洋平

今朝の雨降りも晴れて 寝癖を直そう
パジャマを着替えてミルクを飲んだら出かけよう

水たまりに陽が反射する 目も開かないほど眩しくて
もう君のことも見えなくなってしまうの?
雨の雫が光る こんな天気なのに

きっと変わったのは僕で君のせいなんかじゃない
ほら昨日の二人も嘘になるから
何も言わなくていいよ 全部分かっているから
もう差し出された手も引いてあげられない

夕暮れ 海に車止め波の音を聞こう
春の風が優しくて少し眠くなる

行き交う恋人たちを目に なんとなくね耳を塞いだ
もう君の声も聞こえなくなってしまうの?
笑い声が聞こえる こんな季節なのに

傷つけ合って僕ら でも二人歩いてた
何一つ残らないなんて言わないで
一番欲しかったのは君の笑顔だったのに
もう君の涙も拭いてあげられない

瞼を閉じればモノクロに浮かぶ 
冷めたカプチーノ 握りしめた右手

きっと変わったのは僕で君のせいなんかじゃない
ほら昨日の二人が嘘になるから
今僕が言えること 君は君らしく生きて
もう何も君にはしてあげられない

でも昨日の二人は笑顔のままで