|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

世界観・解説


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

架空の国「ニホン国」で繰り広げられる、主人公マキの
成長物語?の予定

主人公の国には正規軍の他に女王直属の軍がある。
普段は王宮やら女王の所領の警備やらをしているが戦時には作戦の要となる
土地を攻め落としたり、まぁ早い話が重宝されるから主要部分を任される
ことが多い。元々は増大しすぎた軍の権力を抑制するために作られた
女王の懐刀的存在。



階級制


黒鎧 女王軍の将軍クラス。全部で5人居て女王が任命する。女王軍は正規
   軍とは別の成り立ちを持っており、赤鎧の中から任命されるのが慣例
   となっている。任命された者は最高位の貴族と同等の地位が約束され
   る。


赤鎧 黒鎧の副官クラス。一人につき10人の蒼鎧が居り、彼らの親玉的存在。



蒼鎧 部隊長クラス。一人が250人程度の白鎧をまとめる。しかし実質は
   蒼鎧一人で白鎧全員をまとめるのは不可能なので古株の白鎧が下の
   者を指揮したり、面倒を見る。


白鎧 一般兵。しかし、入団テストがアホみたく厳しいため
   その実力は目を見張るものがある。働きに応じて蒼鎧に昇進したり
   しなかったり。