|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

史無国 伍

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

史無国 伍


一枚目の扉の向こう、もう一枚扉が有った。
それを開けると、中には煙草の煙が充満していた。
エルムッドはこの煙が嫌いではあったが、匂いは嫌いではなかった。
と、エルムッドが入ってきたのを見て、三人の男が立ち上がった。
その手には、木の棒を持っていたり、棍棒が握られていた。

「―――っりゃぁっ!」

立ち上がった男の中で、一番背の高い男が、エルムッドに打ちかかった。
しかし、男には隙が多く、素早くエルムッドは躱わすと、男の横っ腹に手刀を打ち込んだ。
絶息した男を横目に、エルムッドは隣にいた小柄な男の腕を取り、関節を極めたまま床へと叩きつける。
最後の男は、片手に棒を持ちながら、明らかに剣の型を取った。
エルムッドはそれを見て、顔色も変えずに体術の構えをとる。

数分立っただろうか。
絶息した男が息を吹き返した合図を皮切りに、男がエルムッドに打ちかかる。
エルムッドは、時には避け、時には腕で受け流していた。
が、次の瞬間、エルムッドは男の懐に滑り込み、鳩尾を突いた。
男はそのまま昏倒し、エルムッドはその男の背中に掌を当て、活を入れた。

「……相変わらず、これだな、ダナン」
「お前こそ……いつも通り……強すぎるぞ……ゴホッ」

ダナンと呼ばれた男は、咳をしながら立ち上がった。

「イース、ネア、ほら、立て。エルムッドが来たんだ、歓待せんといかんだろうが」
「ちょっとぐらい、休ませてくれたって良いじゃねぇか……」
「イースの言う通りだ、兄貴」
「お前らが、エルムッドの腕を見たいと言ったのが始まりだろうが。自業自得だ、ほら、早くしろ」

背の高い男はイース、小柄な男はネアというようだ。
二人はそそくさと酒場の奥の方へ消えた。

「にしても、久しぶりだな、エルムッド。二年振り、か?」
「そう、だな……デインガルドでの逗留が一年と半年ぐらいだったからな」

エルムッドは、円卓に座りながら言った。
ダナンもそれに続く。
暫く談話していると、イースとネアが料理と酒を運んできた。

「で、エルムッド。ここに来たってことは、何か用が有ったんだろ?」
「……ああ、そうだ」
「聞かせてくれ、エルムッド。込み入った話、だろうがな」

ダナンの目が変わった。
やるときはやる、そういう人間の目だった。

「……ダナン」
「おう」
「……300、俺についてくる気のある人間を、集められるか?」
「300? それだけか?」
「……?」
「お前の名前は、ここらじゃ有名だからな。強くて、気が良い。そういう人間には、人は集まるもんだ」
「……そんなもんか」
「で、何に使うんだ?」

ダナンが聞いた。

「……部隊新設することになったのでな、募兵だ」
「……は?」
「ちょっと、エルムッドさん? 俺ら、シビリアン(平民階級)だぜ?
エルノー(兵士階級)じゃない。戦いには、出してもらえないんだ」

イースが立ちあがって言う。
リムノールの慣習では、シビリアンからは兵は採らないのである。
建国時、シビリアン出身の兵が軍需物資を盗んで逃げたのが、慣習の始まりだった。
それ以来、シビリアンは志願兵ですら、なる事は出来なくなった。

「……公爵が、良いと言った」
「公爵……? 公爵って、あのトリエスト公か?」
「そうだ。公爵が、俺に部隊を作れと言った。
俺は、お前らが兵になりたいのを知ってる。だからここへ来た」
「……本当に、俺らでいいのか?」
「……駄目なら来ない」

エルムッドは、きっぱりと言った。
エルムッド自身も、名も知らぬ連中よりかは、見知っている、ダナン達の方がずっと良かった。

「イース、ネア。聞いてたか?」
「もちろんさ!」
「俺達は、兄貴について行く。嫌とは言わさないぜ」
「お前らは、どうだ?」

ダナンが、周りに集まっていた連中に言う。
在る者は歓声を上げて応じ、在る者は人を集めると言って外に駆けて行った。

「エルムッド、これが、俺らの答えだ」
「……三日後までに、300人選別して、トリエストまでこい、ダナン」
「おうよ!」

エルムッドは、円卓から立ち上がった。
酒場から出る時、後ろから他の人間を取りまとめる、ダナンの声が聞こえた。



ヴァンディール邸の前に、ダナン、イース、ネア以下300名が並んだ。
兵装はまちまちで、剣を持っている者もいれば、狩り用の弓を携えている者もいる。
エルムッドは、彼らの前に立った。

「……これから三ヶ月、お前らを扱きに扱いて、戦えるようにする。と言っても、俺も新任の隊長だ。俺も、同じ調練を自分に課す。ともに、戦おう」

エルムッドが、そう言うと、歓声が上がった。

「よう、エル。これが俺達の兵か?」

少し遅れて、セリックがやってきた。

「……そうだ。セリックには歩兵調練をやって欲しい。俺は、騎兵50を選別して、鍛える」
「流石は、レイムッドさんの息子、か。ははっ、少しは物怖じしてると思ったが、そんな心配は杞憂だったな」

エルムッドは少し笑った。

「怖いさ」
「そうは見えねぇな、エル」
「……これでも、内心は結構震えてる。さっきの演説も、かなり怖かった。誰一人付いてこないかもしれん、ってな」

セリックは薄く笑う。

「武術に長け、知略にも通じる。しかも家系は、無爵とは言えトリエスト軍総帥の第一令息。
そんな人間が、他人に受け入れられないわけがないさ」
「……周りから見れば、そう見えるんだろうがな」
「ははっ、違いねぇ。俺だって、トリエスト軍総武術師範の第二令息なんてのは、重すぎるさ」

二人は、笑い合った。
その笑いは、歓声に溶け込み、やがて消えた。

「よっしゃ、お前ら、俺がこの隊の副長を務めるシャムロック・ティタルニアだ!
お前らは……」

セリックが、兵を前に演説を始めた。
エルムッドは、空を見上げた。
そういえば、最近呆ける事がなくなっている。
あの丘にも足を運んでいなかった。
戦が近い。
そう思うだけで、不思議とエルムッドの心は満たされていた。