|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

史無国 壱


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

史無国 壱


時は西暦647年。
ヨーロッパでいえば、暗黒時代に相当するこの時代。
隠された歴史の裏に、動乱が渦巻いていた。

西ローマ帝国がオドケアルによって倒された数十年後、新たにゲルマン人によって国が建てられた。
国の名は『リムノール』。
後にこの国は、ヨーロッパ全土に跨るほどの、大帝国になる。
ゲルマン人はラテン人から引き継いだ技術や文化を昇華させ、新たな文明を築きあげて行った。
リムノール帝国もその御他聞に洩れず、めきめきとその力を伸ばした。

しかし、栄える物には衰えあり。
栄華を極めたリムノール帝国も、180年たてば血の淀みが現れてくる。
この淀みが顕著になったのは、名君と名高かったクランディール7世が崩御したときだった。
このクランディール7世には、正嫡が居なかったのである。
そのため、それぞれの妾や側室が、我が子を皇帝に、と考えた。
さらに達の悪いことに、権力に目がくらんだ者たちが、一人の皇太子を押さず、それぞれに分かれ争いだしたのである。
これにより、帝都サレム・ノティスでは、血で血を洗う陰謀、暗殺、流言が横行し、この争乱に巻き込まれた民を含めると、およそ27万人が死亡した。
人々はこれをパリス・ド・クリミエーネ(犯罪者の王宮事件)と呼んだ。
パリス・ド・クリミエーネの話は瞬く間にリムノール全土を駆け巡り、皇室の衰退を感じ取った各諸侯たちは、次なる覇権を獲るために活発に動き出した。
こうして、リムノール全土に暗雲が立ち込めて行く。
だが、これはまだ序章に過ぎなかったのだ……

そして、話はリムノール帝国辺境、クリアール地方、トリエスト。
ここから始まる。




青々と続く草原。
それが見渡せる小高い丘の上で、騎乗の若い男が一人。

「……風が、変わるかな」

そう呟いたのもつかの間、背後より蹄の音が二つした。

「ここにいたのか、エルムッド。探したぞ?」
「今日は公爵に挨拶の日だろうが、エル。遅れたらどうする?」
「ああ、もうそんな時間か……」

エルムッドという若者は馬首を返すと、丘を下って行った。
彼を呼びに来た二人もそれに続く。


三十分後。
三人は一際大きな屋敷の前についた。
と、門の前には三人の男が立っていた。

「遅い、エル。何時に来るのか、知っているか?」
「悪い、父さん。ちょっと丘の上で呆けてた……」
「……全く」

エルムッドは筋骨隆々とした、如何にも武人と言ったような男にいう。
どうやらこの男はエルムッドの父らしい。
後の二人も、やはり同じようなものだった。

「という事は、いつも通りテレシスとセリック君は、エルムッド君に振り回されたんだね?」
「そうだよ、父上。エルムッドの放浪癖、どうにかならないの、と思っているんだけどね」
「はっはっは、それはどうしようもないよ、テレシス。彼は私達の考えもつかないことをいつもしでかすからね」

「で、遅れたことに謝罪はあるんだろうな、セリック?」
「あぁ? 俺は悪くねぇよ。悪いのはエル……」
「この馬鹿ものが! お前はいつもエルムッドのせいにしてからに……」

眼鏡をかけた、テレシスという青年とその父。
やや粗雑な空気を匂わせるセリックという青年とその父。
彼らが繰り広げられる漫才の嵐に気づいて、衛兵が近づいてきた。

「あのう、皆さまはもしかして、公爵様の……?」
「そうだ。公爵に伝えてくれ。『ヴァンディールとフォンベルグ、エレナーデが子を連れて来た』とな」
エルムッドの父が、そういった。