|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

話中用語説明一覧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【諸単語説明】


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
          地名系単語
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

〔リムノール帝国〕
180年続いた、巨大帝国。


〔クリノール地方〕
リムノール東方辺境の地方。
領主はトリエスト公クォルステイン・クオンクハイル公爵。


〔サレム・ノティス〕
リムノール帝国の帝都。
テル・ジ・リムノール地方に在る。


〔トリエスト〕
クリノール地方一の城塞都市で、州都。
クオンクハイル家の領主邸が有る。


〔デインガルド〕
トリエスト公クオンクハイル公爵第一子息シェイリルが治める、クリノール北方の城郭都市。
トリエスト国境軍の本営が有る。


〔アルシ〕
テル・ジ・リムノール地方北部にある城塞都市。
リムノール帝国中央軍の前線拠点となっている。


〔グラムドロヌス〕
別称:『堕落の荒野』
40年前の内乱の際、クリノール地方に攻め入ろうとした叛徒の兵が誰一人、無事に抜ける事が出来なかったという場所。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
          歴史系単語
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

〔パリス・ド・クリミエーネ〕
別称:国罪人の王宮事件
帝都サレム・ノティスで起こった事件。
有力者がそれぞれ皇子を擁し、帝位に据えたせいで僅か三ヶ月の間に、17人皇帝が替わった。


〔ブレウ・ドゥ・ラプテンディア〕
別名:血絶の落日事件
リムノール31代皇帝ジルノール3世とその親族が、帝国中央軍総司令官であり、リンドブルム総帥でもあるマーカス・アストリア・フラムドレインと結託した皇族デナール・リンデンリウム・タルワーリアによって、謀殺され帝位を簒奪された事件。
これにより、180年続いてきた国祖ファリアン・ギール・リムノールの嫡流が断絶。
リムノール帝国の第一期がここで終焉を迎え、デナールによってリムノール帝国第二期が開始される。


〔階級制度〕
上から、
ローディア(皇族階級)
セプノン(貴族階級)
ナイティア(騎士階級)
エルノー(兵士階級)
シビリアン(平民階級)
スレイヴィア(奴,隷階級)
となっている。


〔皇室七公爵〕
リムノール帝国の始祖ファリアン・ギール・リムノールの血を引く、七つの公爵家の総称。

皇位継承権の高い順に、

第一位:ナルドネイル家
(パリス・ド・クリミエーネの際に男系の子が全員死亡、再興中)

第二位:ハルノーゼ家 備考:テスコノール領主
(皇位継承権を保有)

第三位:フラムドレイン家
(形式上皇位継承権を持っているが、恒久に臣下の礼を誓ったため、事実上皇位継承権を未保有)

第四位:クオンクハイル家 備考:クリノール領主
(皇位継承権を保有するが、皇位に興味はない)

第五位:オルノディア家 備考:ラタノール領主
(皇位継承権を保有)

第六位:タルワーリア家
(皇位継承権を保有)

第七位:ガラディノール家 備考:オリノール領主
(皇位継承権を保有するが、皇位に興味はない)

となっている。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
          その他の単語
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

〔公爵の智嚢〕
トリエスト公直属の軍師集団。
総帥はランディール・フェルノリア。


〔唐〕
シルクロード東方にある、巨大帝国。
古より伝わる書物が多く、知識や医術に富む国。


〔六韜〕
唐より伝来した、古の兵法書。
対の兵法書として、『三略』がある。