|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

*17


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

書:key


『突撃!隣の朝ご飯!(おかず的な意味で)』

 どーんっと扉を蹴飛ばして満面の笑顔で乗り込んできたクロウに4人は各々のサモンを発動させ、突如の闖入者は目をかっと見開き、気が付けば時既に遅く、直球ストレート狙い打つは場外サヨナラ満塁ホームラン! 彼は綺麗に吹っ飛びました。
 多少の地震や爆音は御愛嬌。これぞアクアリウムの正真正銘の目覚ましであり、二度寝というふて寝を決め込む軟弱な生徒も之を聞いては寝耳に水を掛けられたようなもの、こうして生徒たちは朝の活動を開始するのだ。肝心のクロウは廊下の壁に半身を突っ込んでのびています。生徒たちも気に掛けない様子で見事なスルーを決め込み、未だにモアイは天を仰ぎ見ていた。