|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

蛻の殻に残されたもの(はむ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

狂気染みた詩(ウタ)に捧げる心臓
虚ろな顔と悪魔は契約交わし
血の溢れる手からは何かが綴られる
それは子供じみた偽りの旋律

許せない許せない死んでしまえこの嘘吐き悪魔お前と契約するんじゃなかった
誰か助けて僕を助けて守っていや守れ命に換えても助けるんだわかったな

いつしか全てがなくなって
手元にあるのは契約書とペンそれにノート
それ以外は本当に何もなかった