|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

【合作】海地戦記

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

西暦2240年。
200年前から続いていた地球温暖化が急速に進行。
とうとう地球上より氷が消えた。
これにより、海水面が上昇。
大陸の大半は海底へと沈んだ。

人々は残った大地を求めた。
しかし、残った大地と言えば、元標高2000m級の山脈ばかりだった。
人々は協力し、山を削って平地を作り、出来た土を用いて埋め立てをした。

しかし、それでできた広大な大地には、たった20億人ほどの居住区域しか、作れなかった。
当時人口は80億人を超えていた。
水没の時に、20億人以上の死者を出したといえど、未だ60億人以上の人々が大地を求めていた。

だが大地に住むことができたのは、各国の首脳と一部の富裕層のみ。
これに起こった民衆は武装蜂起をする。
ところが、各国の粋を集めた独立帝国『アースエンペラー』はこれをなんなく鎮圧。

人々は各地に散り、独自に組織を作り、海上要塞を建設した。
即ち、十二聖人という意味を持つ『フォートレス・アポストロス』
海神という意味を持つ『フォートレス・ポセイドン』
飛竜という意味を持つ『フォートレス・リンドブルム』
この三つである。

しかし、広大な領土と莫大な軍事力を持ち、もはや独裁国家と化した『アースエンペラー』の軍『ウォーエンペラー』によって、この海上要塞は残さず滅ぼされてしまう。
だが、海上要塞の方もただですますことはなかった。
彼らの猛反撃により、ウォーエンペラー、とりわけ北方軍は『フォートレス・ポセイドン』の総指揮官ルース・クレインを討ち取りはしたものの、9割近い兵を損失。
一時帝国軍は弱体化する。

しかし数年たち、国力の回復によって軍事力を取り戻した『アースエンペラー』は、以前よりもその独裁ぶりに拍車がかかる。
これにより帝国民は日々疲弊し、誰が見てもその行いは目に余るものになってきた。

この国家に反発するように、かつての『フォートレス・ポセイドン』総指揮官の息子、ケビン・クレインによって、レジスタンス『叛旗の槍』が結成される。
さらに、嘗ての海上要塞の生き残りが加わり、『叛旗の槍』は急成長を遂げる。
彼らは海底に潜り、廃材や旧鉱山跡より物資を得て、力を蓄えた。

そして、その時がきた。
2247年。
レジスタンス『叛旗の槍』が、帝国『アースエンペラー』に宣戦布告をしたのである。
ここに、地球開闢以来最大の世界大戦『海地大戦』が勃発。
蒼の地球が今、紅く染まろうとしていた。
                           ――史書『海地戦記』より一部抜粋――