|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

嘘吐きな憧れという恋(はむ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それはちっぽけな憧れだったんだ。
君はかっこよくて、賢くて優しかった。
ドジなところもあったけど、好きだった。

そう、憧れだったはずなんだ。

いつしか君しか見えなくなった。
周りの音が、聞こえなくなった。
ワンシーンごとに時間が止まって欲しかった。

そう、憧れは恋に変わっていた。

けれど認めたくなかった。
憧れだという言葉で、自分に嘘ついた。
君自身にも嘘を吐き続けていた。

それは大きな憧れだったんだと。