|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

聖蘭学園という名のRPG好き集団


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サダコ「はい、私がこの状況説明をいたします・・・。
現在、学園改革反対の会と名乗る・・・集団は第三校舎に立てこもっています・・・。
生徒会長が我々の指示に従わなければ、恵霧田がどうなってもいいのか?だそうです。」
サヤ「 実 力 行 使 で い こ う 。」
ユウナ「え?人質は?」
サヤ「実力行使以外は認めない。アイツは・・・・・・・人質として認めません。」
ユウナ「何?その一瞬、あいつのことは思い出したくもないみたいな・・・・。」
サヤ「さて、乗り込むか。」
ユウナ「え!?それで決定なの?てか、おもむろになんで刀出してる?」
サヤ「今から乗り込むから。」
サヤのセーラー服のポケットやらセーラー服の裏に仕込んである武器類を見て呆然。
ユウナ「・・・銃刀法違反。」
すると、サヤは免許証みたいな物を突き出してきた。
突き出したものは、
ユウナ「銃刀所持許可証・・・ってどうやって取ったの?」
サヤ「正規に取ったよ?サツキみたいな違反じゃなくて。」
ユウナはまた呆然。
背が低くて発育が遅くてぺったんこな子が・・・。
と思うと、裏で類稀なる努力をしていたサヤに泣きたい思いだった。
そして、目の前には第三校舎へずんずん進むサヤがいるわけだが、
誰もついていかないので、ユウナがついて行ってみる。
サヤ「あ~・・・やっぱ、ダンジョンのモンスターには通用しないか・・・。」
ユウナ「てか、校舎にそんなのいないし。転校した時と変ったね、サヤは。」
サヤ「は?どういう意味で?」
ユウナ「気付いてないの?この学校に馴染んできたっていう意味で。」
サヤは手に持っていた封魔ハリセン、エクスハリセンを落とした。
サヤ「そ、そんなわけあるか!!!てか、何持ってるの?」
ユウナ「魔法の棒、エクスカリ火かき棒。」
サヤ「サイレンか!」
ユウナの頭をエクスハリセンで叩いてやった。
ユウナ「・・・それ結構痛いね・・・。」
と、頭を押さえたユウナが言った。
サヤ「金属製だからね。目指せ、魔王まで!」
ユウナ「え?サツキが魔王なんすか?」
二人の背後から、
?「残念だが、ここから先は行かせねぇ!!!」
さて、二人の背後に現れたのは!?
モンスターにバックアタックをかけられた!
どうするサヤ、ユウナ。