|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

私立聖蘭学園という名の革命軍


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サヤ「で、まず、実施したいのは・・・・。」
サヤは適当に決めた生徒会のメンバーに言った。
サヤ「補導を喜びと感じている変態を排除しようかと思います。」
ユウナ「そんな人いるんですかね?」
サヤ「いるんだ。実際に。」
サダコ「自分の快感に直結するんでしょうか?」
サヤ「するんだ。何故か。」
ボラク「補導方法を変えてみては?」
サヤ「どう変えてみるか、を言ってるんだ。」
ユウナ「いくらでも思いつくだろ?お前だったら。」
サヤ「それがなぁ・・・・。前いた学校はなぁ、叩くが最終手段だったんよ・・・。」
ユウナ「で?
サヤ「この学校に来てからなぁ、どうしていいか分からんくて・・・・・。」
ユウナはある意味サヤに同情を覚えた。
コウタ「とりあえず、ハリセンで叩くなどの物理的行為をなくしたらいいと思います。
なくして、ただ注意するだけなどの処置を取った方がいいと思います。」
サヤ「なるほど。」
ユウナ「俗にいう放置プr「黙ってろ。」」
サヤはどこからか持ってきた日本刀(鞘付)で殴る。
サヤ「さて、続けよう。」
サヤ以外「・・・・・・・」
ユウナの頭から赤い液体が噴き出しているが気にしないでおこう。
サヤ「で、他にだがとりあえず、だ。裏ボスに抗議してみようと思う。」
ユウナ以外「おおおおお~」
サダコ「勇者ですね。」
サヤ「ただ、問題が一つある。サツキという名の裏番を倒さなければ意味がない。」
ボラク「ああ、サツキさんは教師をもろともしませんから。」
サヤ「ということで、主席の奪取を目標と私はする。それから・・・・「大変だ!!!」
男子生徒A「生徒会長!大変だ!サツキが、サツキが・・・」
サヤ「サツキがどうした!」
男子生徒A「革命を起こそうとしている!」
生徒会「は???」
その頃サツキ。
サツキ「見てらっしゃい!サヤ。この学校に校則なんか作らせないんだからね!」
ミカ「いやいや、それが普通だからね。」
エリ「だから、こんなことは止めなさいね?」
サツキ「いいえ!止めないわ!この学校に校則なんて存在してはいけないのよ!」
サツキが高笑いをしている中、二人は・・・。
エリ「キャラ崩らしてる人はほっといて帰りましょうか。」
ミカ「そうだね。」
さて、革命は成功しないと思うがするのか!?