|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

私立聖蘭学園という名のKC集団

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サヤ「・・・・で、何する部活なのこれ?」
KC部全員「「「「「キーボードクラッシャーになりきる部活。」」」」」
サヤ「よく先生が許したな・・・・。(遠い目」
サツキ「うんとね、あっさり作っていい?って聞いたらいいて言ったから、ね?」
サヤ「嘘だろ?・・・冗談だろ?・・・。」
ユウナ「ま、表ではな。だが、KC部の裏歴史では、
サツキが日本刀を持って職員室に乱入して、先生を脅したという歴史から始まった訳だが。」
サヤ「(おぉぉぉぉいぃぃぃ!!!!ちょっと待てや!!!)」
ユウナ「しかも、その事実が揉み消されているのは、
またもや、サツキがガトリングを職員室でぶっ放して、
”この学園の生徒にこの事をばらしたら、お前らを殺.す”って笑顔で言ったから。」
サツキ「もう、駄目じゃないばらしたら~!(ボソッ)このク.ソ女・・・ばらしやがって・・・。)」
サヤ「(今のは聞かなかったことにしよう・・・。)」
ユウナ「いいじゃん。どうせ、強制的に入ったことにされるんでしょ?」
サヤ「え?私、入ったなんて一言も言ってな((ドスッ!!!))!!!?」
サヤの目の前にはよーく研がれた日本刀があった。
指が当たったら、一瞬で斬れそうだ・・・。
日本刀に斬られた前髪が数本パラパラと落ちる。
サツキ「命が惜しかったら、入るって言え。」
サヤは思った。
この学校に来て、もうすぐ一カ月になるのだが、やはり、この学校の力関係が分からない。
マジで、不登校になろうかな・・・いや、転校も視野に入れた親との相談をしよう、うん。
ミカ「因みに、サツキの今の状態をバーサーカーモードと言って、
裏ボスである教頭先生でも敵わないというジョブチェンジなのだ。」
サヤ「え?ジョブチェンジって移行期間なかったけ?」
ミカ「サツキは移行期間なしでバーサーカーモードにジョブチェンジできるのだ。」
ユウナ「だけど、サツキでも敵わないのは・・・。」
その時、救世主が現れた!!!
エリ「コラ、サツキ!サヤを苛めちゃダメでしょ!」
サツキ「苛めてないもーん。エリは話が読めないからそう言うこと言えるんだ!」
サツキの様子が急変・・・。
サヤ「あれ?あれ!!?」
ユウナ「サツキの暴走を止められるのはエリだけなんだ。」
サヤの中で学校の不思議がまた増えた。