|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

私立聖蘭学園という名の正体不明集団

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

?「アッーーーーーーーー!!!!」
校舎内に叫び声がか騙した。
ミカ「おや、第二の阿部さん、今日は盛んだね~。
一日に三回も襲うなんて」
エリ「今日のターゲットはだ~れだ?」
すると、教室戸前で息を切らしたサヤがいた。
ユウナ「今日はお前か。」
サヤ「何なんだ、アイツは!?」
サツキ「知らないの?ここじゃ有名だよ?第二の阿部さん。」
ミカ「気に入った男を見つけると”うほVvいい男Vv”と言って近づいてくる男子生徒。
そいつが文化祭の時に見せるダンスは一級品だ。」
サツキ「でも、サヤちゃんは女だったから大変だったんじゃない?」
サヤ「ああ、しつこく追い回された。」
エリ「そりゃ大変だったね。
で、君に質問。もうすぐ何あるでしょう?」
サヤ「?さぁ?」
サヤ以外「「「「学園祭」」」」
サヤ「それで?」
エリ「それでな、うちのクラスも何か考えなければならない。」
ミカ「そこでだ、今からうちのクラスの出し物を決めようと思う。」
サヤ「はぁ・・・・」
ユウナ「相談した結果、ライブをすることになった。」
サヤ「で?」
サツキ「でもねぇ、このクラスには楽器が弾ける人はいっぱいいるんだけど、
歌が下手な人しかいないんだよね。」
サヤ「それで、ボーカルをしろと?」
サヤ以外「「「「yes!!!!」」」」
そんな親指を立ててしかも笑顔でイエスって言わなくても・・・・。
サヤ「いいですよ。」
サヤ以外「「「「え!?」」」」
サヤ「だから、ボーカルやってもいいですよ」
ミカ「何でまた?」
サヤ「こう見えてもお祭り好きなんですよ。
盛り上げるなら全力で盛り上げないと。」
サヤ以外「「「「(盛り上げるの意味合いが違うと思う・・・)」」」」
サヤ「どんな歌歌うか決まってるんですか?」
ユウナ「一応これがリスト。」
サヤはリストを見ると、目を向いた。
リストの中の曲はアニソンばっかりだった。
サヤ「これって・・・・・」
エリ「いやー、決まったものはしょうがないよね?」
サヤ「やっぱ、辞めちゃいけないんですか?」
サヤ以外「「「「駄目」」」」
知らない曲を歌うはめになったサヤ。
歌詞から覚えないといけないが学園祭まで一週間しかない。
どうするサヤ!!!!